すこやかママブログBlog

2022/01/17

なってから動くのか、ならないように動くのか

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

新年を迎え2週間が経ちました。
日常生活に体は馴染んできましたでしょうか?

 

年明けは、クリスマスとお正月の食生活の変化のしわ寄せがしっかり出ている方や
連休で親戚に構われまくって心身がちょっとお疲れな赤ちゃんが多かったです。

 

まあ私の感覚としては、もはや風物詩のようなものです

 

イベントなどの非日常は、ワクワクさせてくれるものですが
同時に体に何かしらの負担をかけることも多いと感じます。

 

中学生の頃、毎日部活で身体を動かしているはずなのに
大会で気合を入れて試合すると翌日筋肉痛がきたり

楽しみにしていた旅行なのに、帰宅してみたらどっと疲れがやってきたり

いつもと違うテンションというのは、いつもよりエネルギーを使うものなんですねー。

 

うちの子供たちも冬休み中だらだらして過ごしていたので
3学期が始まって、疲れた顔をしています。

 

私は4日を超えて休むとだいたい体調を崩すので
自分の中で連休は3日までと、なんとなく決めています。

 

もともと何かしていないと落ち着かない種類の人間なこともありますが
いったん崩した生活をもとに戻すには、それ相応の期間が必要であることを
過去の自分の体験や周囲の方を見ているとひしひしと感じます。

 

だったら崩さないほうが労力要らないなと思ったときに

 

・・・ん?
この感じ、何かと似てるな。

 

と思いました。

病気ももちろんそうです。
限界を超えないうちにしっかり休息すれば寝込む事態には陥らなかっただろうに
そこをスルーしたがゆえに、結果1週間寝込んでかえって大変なことになった、とかよくありますね。

 

痛みも・・・

ちょっとくらい、放っておけばそのうち何とかなるだろうと思っていたら、ある日突然動けなくなった、とか。

 

 

あとは、職業柄になりますが
妊婦さんの体重・体型とか
赤ちゃんの頭の絶壁とか、私的に本当に声を大にして言いたいです。

 

産後の体型戻し、という言葉を聞きますが
経験上、本気で戻りにくい部分は2人目出産以降の下っ腹だけで、
お尻や太腿はそれほど大変ではありません。

大変なのは、妊娠前からお尻や太腿がちょっと・・・と気にされていた方々です。

 

妊娠中に体型が崩れやすいのは事実です。
でも、崩れない人がいないわけではありません。

 

自慢でもなんでもなく、私自身、2人目の妊娠中は出産直前まで妊娠前のスリムジーンズがお腹以外普通に入りました。
先輩に教えてもらい、前ホックの部分をヘアゴムでつないで履いていました。

 

それは私が特別だからではなく、身体を整えていたからです。

 

妊娠中にお尻が大きくなるのも、結局ははみだしているだけです。
体調がよくないと、内臓が下垂して、同じく内臓である子宮ももれなく赤ちゃんごと下垂します。

 

骨盤の中に内臓や子宮が押し込まれれば、骨盤を内側から押し広げようとする力が働きます。

妊娠中はホルモンの影響で関節や靭帯がゆるくなりますので、そのまま広がってしまいます。

 

だから、ちゃんと理由があって、必要があってお尻が大きくなる、はみだしているのです。
はみ出す必要がなくなればお尻が大きくある理由はなくなり
あるべき状態になろうとします。

 

 

これを、妊娠中だから仕方ない、といって
広がるだけ広がりっぱなしにしているから、

 

産後に戻さなければ!と思うのであって

 

 

大して変化していなければ「戻す」必要もないわけです。

 

なってしまってからどうにかするのではなく、
ならないようにする、いわゆる「予防」の意識が大切です。

 

産後の体型戻しは、まだ時間をかければ割と変化するのでいいのですが

1回作ってしまうと、戻すのに倍以上の時間を労力を必要とするのが
赤ちゃんの頭の絶壁です

 

長くなるので続きは次回に・・・

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/09/12

でべそとかえるっ腹

以前「カエルっ腹と飲みっぷり」の記事でかえるっ腹について書きましたが

かえる腹は、飲みっぷり以外にも影響があります。

 

タイトルにしてしまったので、みなさんもうお分かりだと思います( ̄▽ ̄;)

 

 

そうです、

 

でべそ

 

です。

 

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんのでべそは

医学的には「臍ヘルニア」といいます

 

身体の中の一部が、あるべき場所から出てきてしまった状態を「ヘルニア」と言います。

 

つまり、臍ヘルニアとは、お腹に収まっているべきおへそがはみ出ていることをいい、

その状態を俗に「でべそ」と呼ぶのです。

 

 

でべそというと、ちょっと笑ってしまったり、「かわいい」なんて思うかもしれませんが

笑っていられるくらいならよし、重症になると見た目がかなりグロくなるので

親御さんの焦りは段違いです。

 

 

臨床的によくみられる状態としては、

 

1、腹直筋(いわゆる腹筋)が真ん中できちんとくっついておらずその隙間からおへそがはみ出してくる

2、泣くとめっちゃ出てくる

 

です。

 

泣いていなければ出ないこともありますが、泣いて出る時点ででべそか、またはでべそ予備軍です。

 

 

ちなみに、へその緒がまだついている時や、へその緒が取れたばかりの時は一時的にでべそに見えることがありますが、

数日~1か月で収まればでべそではありません。

 

 

ただ、近年の傾向として、母体が妊娠中に腹直筋離開(おへその上下に溝がある状態)がある方が

赤ちゃんのでべそ率が高いという感覚はあります。

 

 

腹筋が弱く、妊娠中で立つとお腹が前にどーんと出てしまう方は要注意ですね

 

そういう方は、それから腹筋などの筋トレをしても到底間に合いませんので

いわゆるさらしの腹帯で補助することをおススメしています。

 

 

腹帯も、簡単に装着できる市販品よりも、ただのさらしの方が効果的でメリットが多いので、当院ではさらしが一押しです。

実際に使ってみると、みなさん体感されておられます。

 

気になる方は当院で声をかけていただくか、

過去に学ばせていただいた吉田敦子先生の著書「べびいケアの本」をお読みいただくとイラスト付きで解説されています。

 

 

 

ちょっと話がそれましたね。

 

 

赤ちゃんのでべその基本的な治療としてはおへその出ているところに綿を丸めたものなどを漬物石のようにおいて固定する、

というのが一般的です。

 

 

ただし、これをしても平気で飛び出てしまう子がいます。

 

特徴としては

・反りかえりが強い

・かえるっ腹

・お腹が張っている

・おむつ替えの時に脚が突っ張ってやりにくい

・授乳時間があかずに欲しがる割に、あまり飲まない・・・を繰り返す

・小さな物音でもびくっとする

というのがよく見られます。

 

「カエルっ腹と飲みっぷり」の時に書いていますが、お腹の張り具合と飲みっぷりは関連があります。

そして、でべそのケアをしてもあまり効果が芳しくない場合にも、ちゃんと理由があります。

 

お腹が張っている(かえるっ腹)というのは、内側から押し出す力が強いということです。

内側からものすごい力で押し出されているものを、外から軽く抑えたところで抑えきれるはずがないですよね?

 

まずは内側から押し出す力をどうにかすることが先決です。

 

重症の場合を除くと、体の緊張状態を改善してあげるとウソのようにでべそが落ち着いてきます。

 

ただ、伸びた皮膚やおへそ周りの隙間はすぐには戻らないので、

時間をかけたり、それまでやっていたケア方法を継続する必要があることは珍しくありません。

 

 

目立つところに目が行きがちですが、

全体的に見てあげるように心がけると、今まで見えなかったことが見えるようになります。

 

今回はでべそ側からフォーカスしてみましたが

その原因や悪化させる要因は体の緊張だとわかると

もっと違うものに気づけるようになるのではないかと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/08/14

大型連休と首すわり前の赤ちゃん

お盆ですね。
お盆中はあいにくのお天気になりそうですし、地域によっては水害が心配です。

 

度々書いていることなので、何年もブログを読んでいる方には
「またか・・・」な話になるかもしれませんが
ターゲットとなる方はおそらく毎回初めてその情報に触れることになりますので
懲りずに書きたいと思います。

赤ちゃんにとって大型連休は、一緒に住んでいないじいちゃんばちゃんをはじめとする
親戚やパパママのお友達に面通しが行われる一大イベントです。

 

そして、連休明けに夜泣きぐずぐず抱っこしにくくなった・・・などの変化がでることが
とてもとても多いです(汗)

 

 

次に多いのが乳児健診の後なのですが、これはまた機会があったら書きたいと思います。
聞きたい方は、直接お尋ねください<(_ _)>

 

 

ここ最近はコロナの影響で遠方の帰省などは控えているかたもいるかもしれませんが

とにかく、普段接している人以外にたくさん会うチャンスです。

楽しく興奮する子、慣れない状況に不安定になる子など反応は様々ですが
イベント終了後は共通して上記のようなぐずぐずになる変化をする子が多いように感じます。

原因は環境の変化です。
育児書やネット情報でもきっと書いてあると思います。

赤ちゃんは環境の変化に敏感です、的な。

 

その環境の中でも特に影響が大きいのが、普段と違う人(複数)に抱っこされること、です。

赤ちゃんを見ると「わあ、かわいい、抱っこさせて~」となる親戚の面々。

それを「いやです!!」ときっぱりお断りできる人はよほどの強者です。
たとえ本心ではちょっといやだな・・・と思っていても、

「どうぞ・・・」とひきつった笑顔で渡してしまうものです

で、
そんな複数の抱っこしたい人々が、全員抱っこが上手だったら問題は起きないのですが・・・
100%が抱っこ上手であることの方がどう考えてもあり得ない話です。

抱っこ下手っぴな人が一人紛れているだけで、

当日~数日後に様子がおかしくなったり、抱っこしにくくなったり、おむつが替えにくくなったり、

なんてことは珍しくありません。

 

 

それは月齢が早い(生まれてからの日数が短い)ほど影響が出やすい傾向にあります。

なぜか。

首が座っているかどうかに左右されるからです。

 

首すわり前の赤ちゃんは自分の頭を一定の位置にキープすることができません。
抱っこする人がどんな姿勢にするかに完全に依存します。

頭の支えが苦手な人が抱っこすると、頭が後ろにがくんと落ちてしまい
そのまま時間が過ぎると負担がかかった首と肩が緊張します。

 

肩こりがだんだんエリアを広げるという経験がある方もいるかと思いますが
赤ちゃんでも同じことが起こり、部分的な緊張が時間をかけて広範囲に広がっていきます。

 

 

なので、コトが起きた瞬間に赤ちゃんが泣いて嫌がってくれればわかりやすいのですが
タイムラグがあってから嫌がりだすこともままあるため、
なんだかわからないけど機嫌が悪くなったということが起きるのです。

 

だったら首が座っていれば何をしても大丈夫かというと、そうでもなくて
成長発達に応じて耐えられることが増えていきますので
自分で立ったり座ったりをスムーズにできるようになるまでは

とりあえず意識的でも無意識でも、手荒に扱うことのないようにするのが無難です。

 

首すわりとともに勝手に解禁される「高い高い」、は非常によく体の緊張を作ります

というわけで、大型連休明けは調子を崩す赤ちゃんが増えますので
注意深く見てあげるといいと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/07/29

数値にこだわっても、いいことがない

こんにちは。
梅雨が明けて、毎日暑い日が続きますね。

 

最近立て続けに妊活の方がご来院されているせいか、いつもより検査結果の数値について質問されます。

 

「この数値はいいですか?だめですか?」

と聞かれたりします。

 

 

私自身が助産師であることと、不妊治療経験者であることと相まって、
検査データを判読するのは割と得意なのですが
(医師以外が診断をすると法律違反になります、コワ

 

ぶっちゃけ、検査データは「良い」か「悪い」かでは区別できません。

 

あくまで検査した日の状態を表しているだけで、

どのように変化するのか、通常と比べてどうなのか、バランスはどうか、など総合的判断が求められます。
これは、どの科でも同じだと私は考えています。

ましてや、妊活に関わる検査なんて、

1か月の間に低温期(月経~排卵前)と高温期(排卵~月経)があって、

絶えず変化し続けているものを対象にしているので、

1回の検査結果がどうだったからといって、「良い」とも「悪い」とも言えないのが現実です。

でも、
気になるんですよね~💦

わかります。

経験者だから

 

 

そして、それが何も生み出さないばかりか
ストレスにしかならないことも知っています

 

数値でわかることは世の中にいっぱいありますが
数値ではわからないことだって同じくらいいっぱいあります。

例えば
卵巣年齢がかなり上に出たから、もう駄目だ~

となった人に何人もお会いしたことがありますが

 

卵巣年齢が老けていても、妊娠できる卵子に出会えれば妊娠するし
卵巣年齢が若くても、卵がいくつ取れてもなかなか妊娠しない人もいます。

 

ちなみに卵巣年齢はよく誤解されますが
残っている卵子の数の目安であって
卵子の質は表しません。

 

あと、マニアックな話ですが卵巣年齢の採血データは毎月採れば毎月変動します。
お金かかるし、病院もめんどくさいから普通初診時にやったらそれをベースにやっていきますが・・・

 

マニアックな院長が経営するマニアックな不妊治療クリニックに通っていたからこそ身をもって知れた事実です💦

 

ありがとう、院長!!

 

 

なので、卵巣が老化していようが何だろうが、卵子の質を上げていく方が重要です。
これは卵巣年齢の数値ではわからないことですね。

 

私は卵巣年齢は年齢相当でしたが、取った卵子の質は年齢に比較してかなり悪く、

院長に何度もばっさり「悪いな」と言われました。

体外受精を始めたのは20代後半でしたから、実年齢って意味ないんだな~と遠い目をしたことを思い出します。

 

10個卵子が取れても、移植に進めるのは1個か0個の28歳の私(卵巣年齢30歳)と
2個だけ卵子が取れて、2個とも移植に進めて、結果二人の子を授かった40歳の妊活ブログ仲間の方(卵巣年齢40超え)。

 

どちらが状態いいと思いますか?

 

実年齢を若返らせることはできませんが、体年齢、卵巣年齢は変えられます。
赤ちゃんになれるたったひとつの卵子を育てることができればいいのです。

それがたくさんできるならそれだけ確率が上がりますよね。

あ、もちろん旦那さんの精子も大事ですよ。

旦那さんの体調で精子の質もだいぶ上がったり下がったりしますからね(これも自分の経験談)。

 

 

そして旦那も毎回一喜一憂してました( ̄▽ ̄;)

精子の検査結果も、自然妊娠をめざすならもちろん重要ですが
体外受精とかだったら、それこそ赤ちゃんになれる1匹がいればいいのです。
中途半端なのがウヨウヨいるよりも、ぴっかぴかの1匹のほうがいいこともあります。

えーと、話がそれたようなそれてないような・・・

 

とにかく!

 

言いたいのは、

数値にまどわされないでくださいね。

ということです。

 

 

妊活あるあるですし、妊活以外でもあるあるです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/06/08

公式ライン始めました

公式ライン始めました。
自分ではけっこういいことブログに書いていると思うのですが
残念なことに記事を見つけてもらえてない現実に度々直面・・・
いや、整理できていないこちらがいけないのです。
というわけで、これから積極的に情報をお届けしようと思います。
友だち登録特典もご用意しました。
是非ご登録ください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/06/04

カエルっ腹と飲みっぷり

こんにちは。
今日のタイトル、なんのこっちゃ?ですかね。

 

これは、赤ちゃんの話です。
(わかりにくくてスイマセン💦)

 

多くのママが、赤ちゃんのこの問題に悩んでいます。
そして、解決の糸口が見えないまま耐え忍んでいるのが現実です。

 

 

どういうことか?

 

簡単に言うと

「赤ちゃんが1時間おきに飲みたがる」

 

割に

 

「あまり飲まない」

 

そして

 

「また1時間くらいで飲みたがる」

 

無限ループです。

 

現象としてはシンプルなのですが、そもそもの概念や考え方がないと思い至ることができません。

 

このような状況にある赤ちゃんに共通している状態は

カエルっ腹

です。

お腹がカエルのように横に広がった状態です。
そしてパツパツしています。

 

大人で言うところの、お腹にガスが溜まっているいる状態に近いので
ガスが邪魔して母乳やミルクの量を飲めません。

なので1回の授乳であまり量を飲まずにやめてしまいます。

でも、あまり量を飲んでいないのですぐにお腹が減ります。

そしてやっぱりガスが邪魔をして、あまり飲めません。

以下続く・・・

ということを延々繰り返します。

 

結局ママも赤ちゃんも全然落ち着かず、お互い疲れてしまいます。

ここでお腹の張りを解消できたらどうでしょうか?

 

お腹が張っていない分、より多くのミルクを適量飲むことができます。
欲しい分のミルクを飲めるので、授乳の間隔がしっかりあけられます。

お互いの負担が減ります。

 

結論

いいこといっぱいです✨

 

まあ、これがあるべき姿といえばそうなんですけどね。

 

問題は、そもそも赤ちゃんのお腹が張っているという考えがママにないことです。

 

最初はやわらかくて、後から張っている状態になれば、変化を感じられるのですが

赤ちゃんが生まれて授乳の練習を始めるときに既に軽くお腹が張っていることが多いので、

それが通常の状態だと思ってしまい、問題ととらえることができません。

 

本来のお腹のやわらかさを知らないまま育児を開始すると、

赤ちゃんの飲みっぷり問題にぶち当たるママが多いと感じます。

 

当院にいらっしゃる赤ちゃんも、ママの悩みは全然違うところにある場合がほとんどですが
診てみるとお腹がカエルみたいになっていて、「授乳でこんな悩みないですか?」
と掘り下げてみると「そうです!」となることがとてもとても多いです。

 

施術して、やわらかくなった赤ちゃんのお腹を触ってもらうと
本当に感動されるか驚かれるか、なので

そもそも知らないんだなあ~と思います。

 

 

授乳間隔が空かない・・・

とお悩みの方は

わが子のお腹がカエルっ腹になっていないか確認してみてください。

お腹のやわらかさは、飲んだ後であっても親指と他の4指でつかんでみるとふにふにです。

 

その状態を改善してみると、授乳間隔の悩みの他、

赤ちゃんのおっぱいへの吸いつきの問題も変化することがよくあります。

 

 

ご自分ではわからない、という方はお連れいただければ一緒にチェックできますよ。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

栃木県のマタニティー向け整体院のブログはこちらからご覧いただけます

当院は、栃木県にて妊婦さんや産後ママさん、赤ちゃんの為に整体を行っております。妊娠期や授乳期、赤ちゃんへの施術は体への影響などでお断りのお店も多い中、当院では安心して受けられる施術を提供しております。
「すこやかママのいえ」は、ありがたい事に評判も高くマタニティーや育児の雑誌への掲載もされております。その為、全国からご利用されるお客様も多くいらっしゃいます。このブログでは、雑誌掲載のお知らせや更新履歴、そして助産師の日常についてご紹介させて頂きます。
また、お得なキャンペーンのお知らせもこちらのブログにて告知させて頂きますので、是非栃木県の当院をご来店の際にはチェックしてみて下さい。他に、分からない事や不安な事がございましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る
Copyright(C) すこやかママのいえ All Rights Reserved.