すこやかママブログBlog

2020/05/24

自己管理、これからが大事

休校中の子供と戯れているうちに

気付けばブログを完全に放置していました。

 

残念なことに、今年はツバメは我が家をマイホーム認定してくれませんでした。

玄関先においた自転車のせいか、

はたまた日中いつもこどもがいたせいか

よもや、巣を作るだけの価値がないと判断したのか

お隣さんの玄関に巣を作っていました。

 

それとは逆に、何年も花を咲かせてくれなかった庭のみかんの木に

今年はいっぱい花が咲いていて、

今年こそみかんの実がなるかも?という、うれしいことも(^▽^)/

 

 

基本うちの庭には食べられるものしか植わっていません( ̄▽ ̄;)

 

 

それはさておき・・・

 

 

明日、残った首都圏の非常事態宣言も全面解除される方針だそうで

まずは良かった~と思います。

 

栃木県は一足早く解除されたためか、

解除後は、体が限界のままがんばって耐え抜いていた方々が多く来院されました。

 

自粛の息が詰まる感じや

なんとなくどんよりとした世の中の雰囲気にストレスがかかっていたようですね。

治療後は肩の荷が下りたような感覚の方が多かったです。

 

 

これから少しずつ、外に出る機会が増え

人と共に過ごす時間が増えていきます。

 

 

気になるのは、

自粛で受けたストレスや引きこもりで落ちた体力で

自粛前に比べて免疫力や抵抗力が下がっている方が多いだろうということです。

 

意識してセルフケアをしていないと

自分では気づかないうちに体力も免疫力も落ちている可能性が高いです。

 

これから本格的に始動する前に

身体の調子を整えておくとよいと思います。

 

 

きちんとしたものを食べて

 

 

湯船につかって

 

 

 

夜は眠る

 

当たり前のようでいて

実践することが難しいこれらのことを

まずは意識してやってみてください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/04/20

不要不急と価値観

どんどん、どんどん、新型コロナによる自粛が拡大していますね

 

「不要不急」という言葉がメディアから何度となく発信され、

ちょっと前の「忖度」のような流行具合です。

 

もはや今年の流行語は新型コロナか不要不急の二択ではないかと

勝手に予想してしまいます。

 

「不要不急」というのは取り立てて緊急性がないような意味で使われます。

 

ここで問題なのは人それぞれの置かれている状況によって

緊急度や重要度は変わるもので

 

客観的に優先順位をつけられるものばかりではない

ということです。

 

 

客観的に共感を得られるものと

価値観が違えば、まったく共感されない個人の事情もあります。

 

 

 

 

整体とか、まさにそれかな、と思います。

 

どこでもそうだとは思いますが

 

当院の患者様も

 

「自粛要請が出たから行けません」

 

という方と

 

「こんな時こそ体を整えないと!」

 

という方に大きく分かれます。

 

 

コロナにビビっているよりも、

今この瞬間に腰が痛くて動けない方が一大事という事情の方には

整体を受けることは大至急必要な事案です。

 

でも、

 

それほど具合は悪くないし、コロナの感染の方が怖いという方には

整体は不要不急の案件に変わります。

 

 

優先順位は人それぞれなので

どちらが正しいとか間違っているとか、そういう問題ではありません。

 

 

 

無理して来院することがストレスになるのなら、控えれくださればいいですし

いやいや、受けないと無理~というのならご来院いただければいい話なので

 

 

「必要」な時に「必要な」治療を提供できるように

当院は通常通り営業しております。

 

予約が入らなければ開店休業になるだけです。

 

 

幸い、栃木の田舎ということもあり

他者との接触をせずにお車でご来院できますので

 

身体のお悩みがあって

どうにかしたいと思っていらっしゃる方は

ご自分のタイミングでいつでもお越しくださいね。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/04/16

我が子との時間

栃木県も臨時休校が再開し、我が家の子供たちもお休みです。

 

普段は学童に行っていますが

出された宿題の量と学童での学習時間を照らし合わせてみた時

学童だけでは到底終わらないという事実を突きつけられました(-_-;)

 

 

そして、誰かが見張っていないとやらない現実・・・

 

まあ、そうですけどね。

子どもだもん。

 

集中力だってそんなに続かないし、わからなかったり、

やりたくなかったりしたらモチベーションは下がる一方

 

 

 

 

学校で普通に授業を受けていると、

学童ではその日出された宿題をやるだけなので、

まだやる気も持ちこたえられますが

 

一日自分のやる気で学習計画を立てるなんて、まあ難しいですよね。

 

 

仕方なく、治療の仕事のない時は

同じ部屋で勉強や事務作業をしながら見張り

低学年の子には、その日の課題の分量を指示して、

終わったら遊んでいい、というルールにしています。

 

 

・・・で、今まであまりわかっていませんでしたが

〇つけをしていると、間違いやすいところや苦手なところがよくわかるんですね~( ̄▽ ̄;)

 

 

一緒に料理を作ったり

ゲームをしたり

工作したり

 

 

子どもを預けて本格的に仕事をするようになってから

子どもとの時間がとても少なかったことに気づきました。

 

 

今のコロナの騒ぎが早く収まってほしいのはもちろんですが

子どもとゆっくり向き合う時間を持てて

知らなかった子供の一面を見る機会があって

私にとってはいいこともありました

 

 

お弁当のストレスとか、メンタル的にストレスになる部分もありますが( 一一)

プラスな面も積極的に探していけると

このつらい時期も乗り越えやすいのかなと思います。

 

 

とはいえ、

整体と出会う前、もともとネガティブ思考だった私は

身体に問題があるとさらに思考がネガティブになりやすいので

定期的な体のメンテナンスは必須です。

 

 

また、自粛で引きこもらざるを得ない子供たちもストレスで頭が尖ってきているかもしれません。

患者様や患者様のお子様たちもそうなっている子が続出しています。

 

大人も子供も、ストレスや不調で頭がでこぼこしてきますので

サインがあったらケアしてあげられるといいですね。

 

不調な体では、いい考えは浮かびません。

良い状態で、物事をプラスに捉えましょう。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/03/31

母と家庭と家庭の雰囲気

新型コロナウイルスの拡がりで多方面に影響が出ていますね。
必要な措置と理解していても
個人的には一斉休校がかなり負担でした

 

世のお母さんたちは、日中の過ごし方はもちろん
お昼の準備の手間の問題、

昼食分の食費が増える問題、
仕事のある方は預け先がないと仕事ができないなど
いきなりたくさんの問題が降ってきたと思います。

 

 

また、イベントの自粛や経済のことで
世の中がなんとなくどんよりしていると感じている方も少なくないと思います。

 

 

そのためか、治療に来られる患者様も

息苦しい感じがしたり

負担増にストレスがたまってイライラしたり

なんとなく不調・・・という方が増えています

 

 

人が持っている肩書や役割は一つではありません。

会社や家族、趣味のグループなど
場所やメンバーが変われば役割も変わります。

 

その中で、家庭の雰囲気を作っているのが母親や奥さんである場合がかなり多いです。
家の中のことを取り仕切っているからです。

 

 

家は落ち着ける場所であったり、
休息を取る場所であったり
人によって様々ですが、
拠点としての役割を果たしていることがほとんどだと思います。

 

 

拠点が荒れていたら、

ほっとすることも、

休息することも、

回復することも

効果が半減します

 

 

だから、お母さんや奥さんがイライラせず
心穏やかにいられることは
本人だけではなく、旦那さんやお子さんなど他の家族にとっても、

とても大切なのです

 

 

ストレスの影響を受けにくくするには

 

ストレスから離れるか

 

ストレスに耐えられるようにするか

 

です。

 

 

今回の新型コロナにまつわる負担やストレス自体は
個人の力でどうにかできるレベルではありませんので
ストレスから離れることは現実的に不可能です。

 

 

となると、ストレスに耐えられるようになることを
目指す方が現実的かな、と思います。

 

 

基本、体の調子が良いときはストレスの影響を受けにくくなります。

頭痛のときにイライラしやすくなったり

体が重いと何もかもが嫌になったりするのは

調子が悪いからです。

 

 

 

土台である体を整えると
同じ現象でも、受け取り方が変わってきます

 

 

不調だといらつくようなことも、
受け流せるようになったりします。

 

 

また、体が整うことで、もともと体が持っている

敵を侵入させない力

侵入してしまった敵をやっつける力

しっかり働かせることができます(⌒∇⌒)

 

 

家族を優先して自分を後回しにしてしまいがちなお母さんや奥さんは特に、
自分を整えることを意識してみてください。

 

こんなご時世だからこそ
体を整えて抵抗力をあげることはもちろん
無駄なイライラを受け流して陰気なムードを打ち払いたいものですね。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/03/19

不調と膨張

先日、ご紹介で美容関係のお仕事をされている方を施術させていただきました。

 

パフォーマンスや健康を考えて、メンテナンスをご希望でした。
やはりプロは意識が高いですね。

 

ただし、意識が高いだけあって
ぱっと見のスタイルは細身だったのですが

内臓下垂がしっかりあって
脇肉、下っ腹、ヒップ周りに何かがはみ出していました。

 

 

何か・・・

そう、肉です。
ハミ肉です!!

 

 

 

 

おそるおそる指摘すると、ご本人たちも気にされていたご様子・・・

 

どうしてハミ肉になるのかを先に説明して、治療に入りました。

 

施術後にすべてのハミ肉が収まったのを確認して
2人ともかなり驚くとともに感動されていました。

 

 

これだけ外側に気を遣っていても、中身が整っていないと効果半減なんだと改めて実感しました。

内側を整えた上でエステの施術をしたらどのように変化するのか、
次回お会いするのがとても楽しみです。

 

 

さて、細身なのにハミ肉になる原因ですが、

 

まず

内臓があるべき場所にないと、

くびれがなくなり、下腹部がぽっこりします。

 

引き出しの中に乱雑に詰め込んだお洋服のように、

整理整頓すれば入るのに、

整理されていないので入り切らなくなります。

 

入り切らない分が、はみ出します。

ちなみに頭の骨の動きが制限されれば、

頭が膨張して顔が大きく見えます。

 

体調の悪い妊婦さんのお腹は、

中にいる赤ちゃんの大きさを無視して大きく出っ張っていることが多いです。

 

 

つまり、

不調なとき、
体は膨張します。

 

血液やリンパの流れが悪いと足や顔がむくみます。
むくみも膨張ですね。
流れが良くなればむくみは解消してすっきりします。

 

不調だと体も重く感じますので
不調で体が膨らんだのを、単純に

 

「太った」

 

と片付けている方もよくお見かけしますが

原因は違うところにあるかもしれませんね。

健康と美容は背中合わせ。
何かのヒントになれば幸いです。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/01/24

股関節脱臼検診にひっかかる

年に数人、乳児の股関節脱臼検診でグレーな判定をされた子がやってきます。

 

 

まさか田舎の怪しげな整体院で股関節脱臼関連がどうにかなるなんて思われないのでしょう。

主訴が脱臼関連だったことはありませんが・・・

 

 

でも、話を聞いていくと

 

「実は・・・」

 

と生後2~4か月で受ける赤ちゃんの股関節脱臼検診で、

1か月後に再診を言い渡されてブルーになっている状況を聞くことがあります。

 

 

 

 

 

脱臼の診断はないけれど

 

「股関節がかたい」

 

という理由で再診になる子は、話を聞いていると割と多いと感じます。

 

 

 

学生時代にお世話になった先輩で整形外科医になった方がいるので

そのあたりの裏事情をお聞きしたことがありますが

 

「なんともない」のでなければ

無罪放免にはできないらしいです。

 

 

でも、大抵の場合

その股関節のかたさは股関節そのものの問題ではないことの方が圧倒的に多いです。

 

 

「股関節がかたい」状態がよくわからない方には

おむつ替えがしやすいかどうかをお聞きします。

 

脱臼していなくても、股関節がかたくおむつ替えのしにくい赤ちゃんは

不調であることが多々あります。

 

 

お腹が張っていると、張ったお腹がつっかえ棒のようになって股関節が曲がりにくく、

結果としておむつ替えの時にも股関節が曲がりにくいので

おむつを替えにくい、という状況が生まれます。

 

 

 

股関節脱臼のリスクが上がるのは

・女の子であること

・家族に股関節脱臼のひとがいること

・ママのお腹にいるときに逆子だったこと

などがあります。

 

男女差は、骨盤の形の違いで女の子の方が脱臼しやすい形です。

家族歴はちょっと追いかけたことがありませんが

逆子の子は確かに脱臼しやすそうな印象です。

 

 

でも

 

 

治療するとよくなります。

上に書きましたが、

股関節そのものの問題でなく、おなかの中や体の他の場所の問題だったりするからです。

 

外傷などの、外からの力でなければ、ちゃんと原因が隠れています。

 

 

 

ちなみに数年前に診た子で

整形外科で股関節脱臼と診断され、整形外科的な治療開始寸前にたまたま別の悩みで来た赤ちゃんが

確かに股関節はかたいけど

どこをどうみても脱臼はしてなくて

 

治療して股関節がやわらかくなってから

セカンドオピニオンをお勧めしたら

脱臼じゃなかった、ということがありました

 

 

何かでひっかかっても、体を整えると状況が変わることはよくありますので

一人で悩まずに、ご相談くださいね。

 

 

検診で余計な心配をしないためにも、予防で体を整えることはメリットがあります。

 

妊娠中のママの体を整えること

生まれた赤ちゃんの体を整えること

どちらも、赤ちゃんの将来のための予防行動になります

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

栃木県のマタニティー向け整体院のブログはこちらからご覧いただけます

当院は、栃木県にて妊婦さんや産後ママさん、赤ちゃんの為に整体を行っております。妊娠期や授乳期、赤ちゃんへの施術は体への影響などでお断りのお店も多い中、当院では安心して受けられる施術を提供しております。
「すこやかママのいえ」は、ありがたい事に評判も高くマタニティーや育児の雑誌への掲載もされております。その為、全国からご利用されるお客様も多くいらっしゃいます。このブログでは、雑誌掲載のお知らせや更新履歴、そして助産師の日常についてご紹介させて頂きます。
また、お得なキャンペーンのお知らせもこちらのブログにて告知させて頂きますので、是非栃木県の当院をご来店の際にはチェックしてみて下さい。他に、分からない事や不安な事がございましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る
Copyright(C) すこやかママのいえ All Rights Reserved.