すこやかママブログBlog

2020/06/16

ガマンで体がかたくなる

当院に赤ちゃん整体を受けに来られる赤ちゃんで、

体の問題を取っても緊張が抜けないお子様がいらっしゃいます

 

 

メンタル的に、何かを我慢している子がそうです。

 

気持ちのもやもやや、泣いたり、大声を出して発散したりがうまくできていないと、

0歳児でもストレスが貯まります。

 

そういうとき、

気持ちよく泣かせてあげるとガス抜きになり、

我慢して閉じ込めていたものを開放することができます。

 

泣いたあとは表情がすっきりして、

嘘のように体がやわらかくなるのでママもびっくりです!

ときには私までびっくりするほど変わる子もいます(゚д゚)!

 

 

当院ではエネルギー治療も行っていますので、

そういうもやもやを治療で軽減すればいいのかもしれませんが

私は助産師でもあり、子育てのお手伝いもしたいと思っていますので

 

おうちで同じような状況になったとき、

ママが対処していけるように、

あえてママと一緒に泣きに付き合うということをします。

 

 

いいか悪いかはママによって違うと思いますが、

泣いてスッキリした我が子の表情を見ると

 

大抵のママは

「なんかすっきりしてる Σ(・□・;)」

と受け入れてくださいます。

 

 

体の問題を取ったりより健康に育つために

赤ちゃんの治療は必要なことですが、

 

心に寄り添い、

こどものもやもやを開放することも、

母子の関係をよくするひとつの要素です。

 

 

院内の空間では、私が泣くことをよしとしているので、

騒音や近隣問題などの関係で自宅では思い切り泣かせることができない子でも、

 

「うちではこんなに泣かない」と言われるほど泣いて、

 

泣き止むとお顔がすっきりということはよくある光景です。

 

 

ママが整体を受けつつ、私との会話で育児の悩みをもらしてすっきりするのと同じように、
赤ちゃんも日頃のもやもやを私にぶつけてすっきりしているんだなと思います。

 

 

ちなみに私自身の育児では、我が子との距離が近すぎて空回り連発でした。

 

ちょいちょいこんなんなってました(-_-;) ↓

 

なので、うまくいかなくて落ち込み~も十分経験しています。

みなさん私が育児では失敗しない位に思ってたりしますけど、そんなことないです

その反省や経験があるからこそ、今の育児のアドバイスができていると思っています。

適度な距離があるからこそできる指導があるということです

 

 

赤ちゃんに限らず、我が子が何かを我慢して体をガチガチにしているときは、

遊びでも泣かせるでも何かでわーっと発散させてあげると、

体の緊張がやわらぐことがありますので、

よかったら実践してみてください<(_ _)>

 

 

あ、ママもガマンしていると体や頭がかたくなりますから

号泣したり、大声出したり、体動かしたり、

ため込まないようにするといいですよ。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/04/06

うんち背モレ事件の真相

子供のいる方なら一度は経験したことがあるはずの、

 

赤ちゃん時代のうんち背モレ事件・・・

 

 

 

いっぱい出たから・・・

おむつのサイズが合ってなかったから・・・

 

姿勢が悪かったから・・・

 

 

 

思い当たる原因は色々あると思います。

 

 

 

突発的で、その後続かなければその場限りの事件ですが

 

時折、何度も背モレ事件を繰り返す子がいます(^_^;)

 

 

 

明らかに小さいサイズのおむつを在庫がなくなるまで使う場合は仕方ないですが

サイズが合っているのに何度も繰り返してしまう場合は別の可能性が出てきます。

 

 

それは・・・

 

「お尻がたるんでいること」(゜o゜;!!

 

 

 

産後やおばあちゃんじゃないんだから・・・

 

なんて思われるかもしれませんが

お尻がプリケツでない子は

 

うんちだけでなく、おしっこも背モレしやすいです

 

これを博識の先輩助産師から教わった当時はかなり衝撃でした。

おしりが左右ぷりっとしてたら背中になんか流れない!

と断言されました

 

 

 

そうなの〜?

と思いながら背モレとお尻の関係を自分なりに検証してみたら、

 

本当にその通りだったのです(゚д゚)!

 

 

 

言葉で説明するのは難しいのですが

 

お尻がたるんでいる子は、

腹ばいにするとお尻がなんとなくぺしゃんとしていて、

 

お肉が外側に流れている感じがあり、張りがイマイチです💧

 

 

片方はよくて片方だけぺしゃんとしている子もいます。

 

体を整えてあげると小尻プラスプリケツになるので、

ビフォーアフターを見せるとママたちは「うわー」となります。

 

 

そしてプリケツになった暁には、背モレ事件が起きにくくなります(^o^)v

 

 

事件の度におむつのみならず洋服まで全とっかえは地味にダメージをくらいます(-_-;)

 

そして、

 

うんちべったりの洋服を洗濯するのもこれまたなかなかのダメージです(>.<)

 

 

悩んでいるママは、それがなくなるだけでストレスがだいぶ減ると思います。

 

 

 

我が子のお尻が左右ぷりぷり

ときどきチェックしてみてくださいね(^^)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/01/17

慢性疲労の小中学生

昨年はたくさんの小中学生が当院にきてくださいました。

それ自体はとてもありがたい話なのですが

 

みんなみんな若いのに

 

とても疲れています

 

 

 

 

慢性疲労の大人はとても多いです。

そして肩こりや頭痛の若年化とリンクするように

慢性疲労も若年化し、子供の慢性疲労が増えてきていると感じます。

 

宿題が必須なストレス環境のせいか

スマホ・タブレット・ゲームなど画面をみることが多いせいか

外遊びの時間が少ないせいか

 

いろいろと推測はできるのですが

 

 

内臓の疲れや、

夜寝ている間の回復力が弱ってる

ように感じます。

 

 

確かに大人に比べたら元気は元気なことが多いです。

でも、治療後に

 

「体かるーい!!」

 

と感動しているところ見ると

 

身体重かったんだね~ってしみじみ思ってしまいます。

 

 

重い体で生活するということは、重りを背負って生きているのと同じです。

呼吸が深く吸えないことは、低地にいながら高地トレーニングをしているのと同じです。

 

 

それ、疲れますよね?

 

 

子どもは元気だから整体は必要ないと感じておられる方は多いのですが

 

むしろ子どもこそ、

本来持っているパワーを発揮するために

元気に毎日をすごすために

 

ときどき体をメンテナンスしてあげると

生きやすいと思います。

 

 

ちなみに大人に比べて成長するための力があるので

いい状態に方向修正してあげると、

こちらもびっくりな(゚д゚)!絶大な回復力を見せることが多いです。

 

 

一晩眠って回復する力が働けるようになると

自力でよくなっていくからです。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/27

毎年恒例 今年もこの季節が・・・

毎年春と秋に言っていますが

 

 

 

 

 

乳腺炎の季節です!!

 

 

 

ついてこられない方は、気合で読み進めてください

 

 

当院にも、何名かおっぱいケアか全身整体か迷った上で全身整体で予約された方がいらっしゃいました。

 

そして、皆様おっぱいに触らせてもらうことなく
状態がよくなってお帰りになりました。

 

 

なぜか!!!

 

 

乳腺炎の原因が、おっぱいにないからです

 

 

あ、でも100%おっぱいに原因がないということもなく

赤ちゃんに歯が生えて、噛まれて傷ができて

そこからばい菌侵入!というパターンもありますけど。

 

 

そういう外傷的な問題がなければ

 

だいたいの原因は内臓です。

 

 

毎年毎年言っているので、自分としてはしつこいネタなのですが

 

授乳期間には限りがあり

 

今年悩んでいる人は来年は終わっていたりするし

 

来年乳腺炎になる人は、今このブログを読んでいなかったりするので

 

しつこいですが、また書きます。

 

 

ちなみに昨年の今頃の記事はこちら

 

 

 

寒暖の差が激しい季節は

授乳中のママ以外も体調を崩しやすくなります。

ぎっくり腰もおきやすい季節です。

 

昨年の記事ではおしっこを作る内臓・腎臓について書いていて

もちろん腎臓に負担が出ている方は多いのですが

 

今年はすごい寒い日と生温かい日が変わりばんこにきているためか

どきどきが多いようで

 

 

心臓

 

 

 

に負担の出ている方が多いと感じます。

 

 

気温の変化をどうにかしようとすることはできませんので

しっかり湯船につかって、血の巡りを助けてあげることや

寒いと水分を控えがちなのを、ちゃんと水分補給してあげること。

寝る間際にスマホは見ないでゆっくり眠ること。

 

などでも予防につながりますので

是非意識して生活なさってくださいね。

 

 

皆様が思っている以上に、

 

内臓からくる不調はとても多いのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/06/22

早産の原因

先日早産の赤ちゃんについての記事をアップさせていただきましたところ、

早産の原因についても知りたいというありがたいご意見をいただきましたので

本日はリクエストにお応えしたいと思います。

 

 

早産とは、妊娠220日から妊娠366日の期間に出産することをいい、

早産で生まれた赤ちゃんのことを早産児といいます。

 

ちなみに出産予定日は400日をいい、

正常とされる370日から416日の出産を正期産、

216日以前を流産、

420日以降を過期産といいます。

 

 

現在妊娠22週~36週にあり妊娠を継続中で、

出産につながりそうな症状が出ている状態を切迫早産と言います。

お腹が張る、下腹部が痛い、出血がある、破水している、子宮の出口が開いている、

子宮の出口の厚みが短くなっている、などの症状があてはまります。

 

簡単に言うと、「産まれちゃうかもしれない状態」です。

 

 

 

 

なので、もしかしたら産まれないかもしれない。

けれど、産まれたら早産になってしまうので対策しておきましょう、というのが切迫早産です。

 

実際に切迫早産の診断で長期入院をして、いざ臨月になったら予定日を過ぎてしまったので

陣痛促進剤で陣痛を起こして出産したという話は産婦人科ではあるある話です。

 

経験のある方もおられると思いますが、切迫早産は入院期間が長くなりがちです。

24時間持続点滴と、体は元気なのにひたすら寝たきり・・・という入院生活。

 

赤ちゃんのためと言い聞かせながら、

ずっと管がつながっているストレスと張り止め薬の副作用、寝たきりによる腰痛など、

ママにはストレスが多くなりがちです。

 

最近では入院治療期間を短くしてもその後の経過が変わらないというデータをもとに、

長期入院は意味がないという考え方が広がりつつあるようです。

今後のスタンダード治療も変わっていきそうですね。

 

 

早産には自然に生まれる自然早産と、

何らかの原因があって子宮外に出した方がメリットがあると医師が判断して出産に踏み切る人工早産があります。

 

人工早産の場合、胎児への負担を減らすためにほとんどの場合帝王切開が選択されます。

どちらも母体側と胎児側という二つの理由に分けられます。

 

 

母体側・胎児側というと難しく聞こえますが、これも簡単に言うと、

 

・お腹の赤ちゃんが子宮の外に早く出たがる場合、

・お母さんの体が赤ちゃんを、体の外へ出そうとする場合

・両方からんでいる場合

 

ということです。

 

 

赤ちゃん側の問題は、遺伝的問題や先天奇形の他、発育が著しく悪い、苦しくて心拍が遅くなる等があります。

 

母体側は早産の原因になる疾患は、妊娠前からの病気や妊娠中特有の病気がいくつか種類がありますが、

産科で働く気があるのでもない限り、病気の名前を覚える必要はありませんのでここでは割愛します。

 

 

臨床で合併症が特になく、早産もしくは切迫早産になる方によくある原因は大きく2つあります。

 

1つ目は、内臓下垂です。

内臓が重力に負けて足方向に下がっていることが多いです。

多いというか、ほとんどそうなっています。

胃下垂があるという自覚がある方は100パーセント下がっています。

子宮は内臓の中でも下の位置にあるので、上にある内臓の影響を受けやすいのです。

 

内臓が下がって妊娠子宮も下がると、子宮の入り口に赤ちゃんがダイレクトにぶつかります。

頭が下なら頭突き、逆子ならキックが入ります。

 

子宮の入り口はデリケートで、刺激を受けると子宮全体がぎゅーっと収縮します。

子宮が下がっている人はそうでない人に比べてお腹が張りやすく、

また基本的にお腹がずっとかたいということも多くあります。

加えて下腹部や足の付け根に違和感や不快症状を起こしやすい傾向があります。

 

臨月が近づいて子宮が大きくなっている時期や、

赤ちゃんの胎動が刺激となって子宮が収縮することもありますが、

これらはすぐにおさまることが多く、生理的なものとして問題視されません。

 

回数が多い場合や、1回1回の張りが長い時間続くと

子宮の出口に影響が出る可能性が高くなります。

 

 

子宮が下がっているかどうかは、鏡の前で横向きに立ってみればわかります(服を着ていて大丈夫です)。

お腹の一番出ている部分が床と水平方向より下を向いていると、下がっています。

 

他に、妊婦健診で子宮の長さを測る際にメジャーを当てられる下側の恥骨という骨の上を触ってみます。

その恥骨の骨が終わってすぐにお腹の膨らみが始まっている場合も子宮が下がっています。

 

正しい位置に子宮があれば、恥骨の上には平らな部分が23センチあって、

その上からお腹の膨らみが始まります。

 

もしこれを読まれておられる妊婦さんが、「私当てはまる!」という場合は、

体を整えることをおすすめします。

 

セルフケアでも治療を受けるのでも構いません。

 

体が整うと子宮や他の内臓の位置が整い、

子宮が上がるのはもちろん、

整理整頓されてお腹の大きさ自体もすっきりします。

 

子宮が下がっているからといって必ず早産になるわけではありませんが、

胎児への栄養供給、居住環境の快適さ、それからママ自身の体調にも関係しますので、

本当の意味での「母子ともに健康な出産」を目指すのでしたら、ママの体を整えるのが最善です。

 

 

 

臨床で早産・切迫早産になる原因の2つ目は感染です。

 

妊娠していない時、膣内は通常酸性に保たれていて外部からの異物侵入と感染を防いでいます。

妊娠中は酸性度が下がりやすいため、菌類が侵入・増殖しやすくなります。

健康状態が悪く免疫が下がっていると膣炎を起こしやすく、治療しても何度も再発することがあります。

 

また、膣を通り越して子宮内まで感染が進むことがあります。

赤ちゃんや羊水を包んでいる膜に感染・炎症が起きると、

子宮収縮が起き子宮の出口に影響が出たり

膜が破れて破水してしまうことがあります。

 

通常、破水は赤ちゃんが生まれる直前に起きるものです。

まだまだお腹の中にいてほしい時期に破水してしまった場合、破水の程度にもよりますが

状況が悪くなればそのまま早産につながることもあります。

 

 

よく妊娠中のセックスに関してマタニティ情報誌などにも載っていますが、精液には雑菌が含まれます。

セックスの刺激による子宮収縮にも配慮が必要ですが、

特に膣炎を起こしやすいような方はコンドームを使用し、感染予防にも目を向けましょう。

陰部の清潔を保つことで侵入を防ぎ、合わせて体力・免疫力を上げていくと感染予防の効果が上がります。

 

産科に限らず難しい疾患名が出てくるとそこに目が行きがちですが

大事なのは病気の名前ではなく健康状態がどうなのか、です。

病気の名前に囚われるとピンポイントで体を捉えようとしてしまいますが、

もっと広い視野で体全体を捉えると別の可能性が見えてきます。

 

お腹の張りがある時、まず必要なのは張り止めの薬なのか、

何度も繰り返す膣炎に、同じ薬を使い続けていればいつかは終わるのか。

ちょっと立ち止まって、考えてみることも必要だと思います。

 

病院の先生の治療も大切ですが、

自分で予防・改善するために、

知っていれば努力できることはたくさんあります。

 

「母子ともに健康な出産」を迎えるためにできることを考えてみてください。

サポートできる立場の方は、情報を伝えてあげてください。

体を整えることのメリットと重要性を。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/06/12

私の不妊治療奮闘記

最近、妊娠サポートインストラクターとの会話で

不妊治療中のメンタルのことや、治療の細かい部分、血液データなどの話になり

 

そういえば、治療していた当時に不妊治療ブログやってたよ~

 

と話したら、読みたいと言ってもらえましたので

もう7~8年前のものですが、ご紹介することになりました。

 

 

↓↓↓

 

こちら

img_20190612_201425

 

 

 

助産師や整体師としてではなく、ひとりの不妊治療患者としての毎日を綴っています。

 

うまくいかない治療や、ぬか喜びの化学流産、子宮外妊娠の危機

同じ境遇の仲間にとてもとても励まされたことなど、

 

それなりに濃い経験をしたと思います。

 

 

昔のものですし、長いこと放置していましたが、

我ながらデータ等はしっかり記録しておりましたので

ひとつの記録としてはいい情報になりそうです

 

 

現在進行形のブログにはかないませんが、

当時の新橋夢クリニック院長(現Natural ART Clinic 日本橋院長)とのやりとりなんかもありますので

不妊治療中の方々の参考になることもあるかもしれません。

 

私自身も治療中、他の方の治療ブログをめちゃくちゃ読んで

勝手に応援したり、勝手に喜んだり、勝手にへこんだりしました。

 

よろしかったらのぞいてみてください。

どなたかのお役に立ちますように。

 

 

685491

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

栃木県のマタニティー向け整体院のブログはこちらからご覧いただけます

当院は、栃木県にて妊婦さんや産後ママさん、赤ちゃんの為に整体を行っております。妊娠期や授乳期、赤ちゃんへの施術は体への影響などでお断りのお店も多い中、当院では安心して受けられる施術を提供しております。
「すこやかママのいえ」は、ありがたい事に評判も高くマタニティーや育児の雑誌への掲載もされております。その為、全国からご利用されるお客様も多くいらっしゃいます。このブログでは、雑誌掲載のお知らせや更新履歴、そして助産師の日常についてご紹介させて頂きます。
また、お得なキャンペーンのお知らせもこちらのブログにて告知させて頂きますので、是非栃木県の当院をご来店の際にはチェックしてみて下さい。他に、分からない事や不安な事がございましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る
Copyright(C) すこやかママのいえ All Rights Reserved.