onrogo

すこやかママブログBlog

2019/04/17

勝手に自称「第2の我が子」誕生

やっと温かくなってきました。

私の場合、花粉の症状が治まって、ツバメが来訪すると春だなあと感じます。

 

今のところ花粉の症状がでるのも、スギとヒノキがコラボする時期だけなので

2月~4月位まで24時間体制で死にそうだった思春期に比べたらありがたいことです。

 

 

最近年齢とほぼ同じ年月の付き合いの同級生が出産しました。

 

産院の新生児室で窓越しに見た時、

初めて赤ちゃんを眺めて感動しました。

 

 

885df8b9da4431bf0e47da6abe119ae4_s

 

 

実は職業病か、

人様の子も、自分の子の時ですら

新生児室の赤ちゃんたちに感動したことがなく

 

12年前に同じように立ち会った友人の子が生まれた産院には新生児室がなかったため

新生児室に感動できる方々がうらやましくありました。

 

勝手に第2の我が子と思い、

先にパパやおじいちゃんおばあちゃんがきていたので、もういいかと思って抱っこしたら

まさかのパパ抱っこしておらず・・・( ̄▽ ̄;)

横入りしてスイマセン。

 

 

自分の子供が大きくなってくると、よその小さい子がかわいいというのをじっくり体験しました。

治療に来られるお子たちはもちろんみんなかわいくて癒されますし、愛着もありますが

 

「親友」よりも「腐れ縁」という表現がぴったりの

友人の子には特別な感情があります。

 

いつまででも眺めていられます。

 

 

当然、友人の赤ちゃんも治療しています。

おかげで生まれてからの哺乳も問題なく、

看護婦さんが笑っちゃうくらい元気で。

 

 

その成果を友人が理解してくれていることも、とてもありがたく感じます。

 

 

迷惑を承知で1週間の入院中4回も突撃して

向きぐせによる頭の変形にもかなり気を遣ったので

頭はまるく、つぶれていないため正面から見ると小顔です。

 

・・・かわいいです。

 

 

このところ、赤ちゃんの頭の形が気になると来院されるママが増えた気がします。

 

経験上、ママが意識して育てない限り、ほぼ100%の子で向き癖が起きます

 

向きぐせに対応しないでいると、どんどん頭がへこんでいきます

 

 

 

 

いつも言っていますが

 

気になってからではなく、ならないように我が子には接してあげたいですよね。

 

予防が大事、

なってしまったら早め対応が大事、です。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/04/04

春は出会いと別れとストレスの季節

こんにちは。

 

春ですね。

4月ということで、ご自身やご家族が新生活をはじめられたという方も多いのではないでしょうか。

 

若い頃の私は重度の引越し魔でした。

 

 

3702718ef6a2efd8285d5601c61efcff_s

 

 

どれくらいの引っ越し頻度かというと

高校卒業して進学のために上京(1)、

2年後そこが気に入らずその近所のアパートへ転居(2)、

卒業後さらに進学のために青森県へ(3)、

1年で修了、東京へ就職(4)、

2年で地元へ(5)、

12ヶ月後結婚(6)、

嫁姑問題で旦那名義の家なのに夫婦で転居(7)、

姑死去にて旦那名義の家に戻る(8)。

 

と、14年間で実に8回も引っ越しをするという、

敷金礼金家賃払いまくりの引越し貧乏でした。

 

 

それはさておき、

環境の変化はストレスの原因になるとよく言われます。

若い頃の私は正にそのストレスが大きかったといえます。

 

特に、住所と通勤・通学先が同時に変わるのは

慣れなければならないことが倍になるわけで、

不健康で適応力が弱かった当時はむやみやたらと不安でした。

 

親元を離れたときはホームシックに困りましたし、

逆に一人暮らしが日常になってから実家暮らしに戻ったらとても窮屈に感じたり…

 

非日常が日常に変わるまでがストレスなのに

日常に変わって安定した頃また別の生活を選んでしまうという、

当時は何も考えていなかったのでしょうが、

自分が不健康だったと自覚した今では、なかなかのチャレンジャーだったなと思います。

 

新しい人間関係を作るのに骨が折れたことでもそこそこ凹みましたが、

一人暮らしの新しい住処で怖い体験をしたりすると恐怖倍増でした。

なんせ誰も頼れず、同居者がいないので共感もしてもらえず、

いわくつきの物件選んじゃった?と心臓バクバクな経験は8回のうち半分位経験しました。

 

 

885222

 

 

おかげで転居した春先は輪をかけてどんよりしていて、

5月病ってこういうことかな?いいや、違う気がする、とよく思っていました。

今だったら、物件のせいではなかったのかも…と、もっと怖い想像もできてしまったりしますけど。

 

 

新しい出会いやチャレンジが目白押しの春ですが、

それに適応するのが苦手な方には試練の季節となることもあります。

 

さらに

今年のゴールデンウィークは赤い日が10日連続で、

子どもたちは狂喜乱舞ものですが、

 

そんななかでもお仕事があるという方、

特に4月の学校行事に引き続き、

仕事はあるのに保育施設が休みで利用できないというお母さんたちには

むしろ平常以上のストレスになる可能性が大ですね。

 

b889b2cd5b411eb4a2ccdef26a48c971_s

 

 

子どもたちも、新年度の疲れが出て連休中にうっかり体調を崩したり、

連休明けの幼稚園・保育園・学校に行くモチベーションが下がったりすることもあると思います。

 

 

過度なストレスは体に負担となります。

ストレスを減らす努力は大切です。

でも、どうしても減らせない時は、抵抗力の方を上げるという発想の転換も大事です。

 

冬の寒さや春先の寒暖の差、花粉症などで疲労した内臓をケアして抵抗力を上げておくと

新生活も気持ちよく始められそうですね。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/03/05

消えそうで消えない施術メニューたち

もういいかな、やめようかなと思うとそういうお客様がいらっしゃる。

 

当院では、生まれたばかりの赤ちゃんとそのママに対して
施術と共に適宜育児指導や授乳指導をさせていただいております。

 

1257456
指導やクラスはいくつか種類があるのですが、
ありがたいことに整体のご希望のほうが圧倒的に多く、
治療に通っていただきながら少しずつ段階に合わせて必要な情報をお伝えさせていただいています。
実際人気がないのが骨盤セルフケアと赤ちゃんのお世話教室です。
言い訳しますが、受けてくださった方には好評なんですよ(汗)
で、しばらく予約がないのでなくそうかなーと思っていると、
狙いすましたかのように予約が入るという・・・
そんなこんなでボツになりそうでならないメニューとして長年居座り続けております。
トコちゃんベルトの指導や、スリング指導なんかも忘れた頃にあります。

 

photo_tokochanbelt021
うちみたいなマニアックなところを探してきてくださる方は、
同じくマニアックな方も多いので、がぜん指導にも熱が入ります。
何より、正しい、やりやすい方法を手に入れたときのママと赤ちゃんのはまった感じにとても幸せを感じます。
本当は複数を相手に集団指導としてやるのが理想的なのですけど、なかなか実現できず・・・
会場とか、受講される人の確保とか、うまくできればいくらでもマニアックな話をぶちまけるところです。
以前はあるママ友グループからお願いされて20〜30人対象で体の話とか赤ちゃんの話とかやっていました。

その後整体のお客様が増えてきてくれたことや、
所属する妊娠サポート協会の仕事が舞い込んできたために、
地域の母親学級や発達教室などの話も泣く泣くお断りしました。

いつかはやってみたいですね。
書きながら気づきましたが、すこやかママのいえを開いてから、丸10年が経っていました。
どんどん技術が変わっていき、
レベルが上がっていく様子を、
家族や長く通ってくださる患者様には見ていただきました。
それはこれからも変わることなく、ますます進化を遂げる予定です。

平成も終わることですし、節目として必要なところは変えていきたいと思います。
弱気なのでおそらくマイナーチェンジとなるでしょう(^_^;)

乞うご期待です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019/02/23

資格はいっぱいもってるけれど

自己紹介をしっかり読んでくださっている方は

私がいくつかの資格を持っていることをご存知だと思います。

勉強熱心ですねとか、すごいですね、

とかいわれることもありますが

資格を使って働いたことのある助産師と整体師以外で

今から勤めろと言われたら

・・・無理です。

知識しかない状態、なので

免許があるのは、その業務に就くための最低条件であって優秀かどうかはまた別の話です。

免許がないと車の運転ができないから免許を取る。

でも、免許をもっているのは大前提で、運転の上手い下手は必ず存在します。

大抵の方が肩書だけで相手のいうことを聞いてしまう医師免許でも、

研修1年目はナースの方がつかえるなんてこともよくありますし、

看護職も独り立ちするまでに3年くらいかかることが多いです。

私が新人の頃は、「3年目以降はセンス」と言われて育ちました。

自分自身でも、先輩後輩ナースをみていても、

資格があっても使ってないとできないということは実感します。

経験したことのない科に関しては畑違いでわからないということもよくありますし、

広く浅い知識はあっても現場での経験で培われる判断力などはやはり臨床経験が物を言います。

整体の世界でも、

いっぱい勉強しても、

いっぱい練習と実践をしないとできるようにはならないこと、

できていたものが前に比べてできなくなることを感じます。

私は看護業務の中で、

注射や点滴はすごい得意ではないけど別に苦手でもない程度でした。

IMG_20190223_074808

でも、妊娠出産育児のブランク明けは感覚が鈍って苦手なものになっていました。

やっているうちに戻っていきましたが

一度身に着いたものでも、使わなければ鈍る

ということを身を持って痛感しました。

どんな分野でも同じですが

学んだものを身に着け、定着させ、安定させるには

やりつづけること大切です。

あれもこれもつまみぐいでは何一つ身につかないこともあります。

これだ!と思うものがあったら、納得行くまで続けてみると、

何か見えてくるのではないでしょうか。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/02/11

山梨県に行ってきました

週末は山梨県甲府市へ宿泊研修に行ってきました。

 

1549770727093
貴重な話を聞かせていただいたり、触れさせていただいたり、とても勉強になりました。

 

1549770741068
妊娠サポート協会インストラクターも三人そろって参加しました。

 

1549770730832

 

いよいよ明日から妊娠サポート講座2019の無料説明会が始まります。
学びつつ、親睦を深めつつ、もちろん打ち合わせもしっかりしました(^^)

 

1549770719360

 

説明会では和整體治療も体験できます。
いらっしゃる予定の方はお気をつけてお越しくださいね。
お会いできるのを楽しみにしています♥

 

 

妊娠サポート講座2019の詳細はこちらから↓

妊娠サポート講座2019 無料説明会します!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/01/31

気候環境も日常と非日常

今夜は関東地方でも雪が降るようですね。
すでに寒空が上空に広がっていて、見たただけで寒さを感じます。
雪が降ると車の運転が怖いので、極力したくないのですが
保育園は休ませればいいとしても
小学校は遅れてでもやるので、結果送っていくことがあり、
たくさん雪が降った昨年は恐怖でした。
おまけに子供の社会見学と大雪の日がかぶって延期になり、
お弁当の日が増えたことも地味に嫌でした。
2e50674c7e6c23d347c29ac893965a55_s
栃木県は坂道が多く雪が積もるとスタッドレスタイヤでも登れなくなって立ち往生渋滞が発生します。
実家は坂の上にあるため、降るかどうかわからない雪のために車は4WD必須でした。
若い?頃、助産師になるために青森県弘前市の助産師学校に進学しました。
青森県の津軽地方です。
当たり前ですが雪いっぱいです。
私がいた1年間はそれでも例年よりは少なかったようですが、
同じ国?と思うほど冬の間は雪が消えることがなく、
根雪の上にさらに新雪が積もって超危険な道ができたり、
車道は除雪しているのに歩道は手つかずで車道と歩道の境目がわからない、
雪を端に寄せるために道幅が狭くなる、
うっかり軒下を歩くと巨大に育ったつららが頭に刺さりそうになって危ない、
1m先が見えないような吹雪で、関東だったら即休校になるような天気でも当たり前に授業があって
学校までの道のりで遭難するんじゃないかと思ったりなど、
関東地方でぬくぬくと育った私には考えられないようなデンジャラスな日常生活となりました。
管理の行き届いたアパートだったので雪かきをすることはほとんどありませんでしたが、
かいてもかいても翌日にはまた積もっているのを見ると複雑な気持ちになりました。
学生基本の移動手段である自転車は危なくて乗れなくなり、
買い物などすべて徒歩移動になります。
それでもツワモノ地元民がよたよたと自転車で道路を通行していると見ている方が恐怖です。
なんせ間違って車道側に転びでもしたら即命がありませんので。
他にも、割と暖房器具備え付けが標準装備の賃貸住居が多いこと、
寒さ・結露対策で窓が二重構造になっていることなど、生活環境の違いを感じました。
ぶっちゃけ津軽弁が理解できなくて講義が聴き取れず
津軽弁のヒアリングから始まった学生生活も含めてありとあらゆることが未知の世界、つまり非日常でした。
でも、人間だんだんと適応していくもので、
わずか1年の滞在にも関わらず、若者の津軽弁ならなんとかヒアリングができるようになり(年配者は到底無理)、
日常会話では津軽弁トークも可能になりました(笑)。
うっかり東京の就職試験で出てしまうくらいには身に付きました。
気づけば、それは私の中で日常になっていました。
そんな経験をしているのだから、雪なんかへっちゃらでしょ、と言われることもあります。
が、その後東京で快適に生活、栃木に戻って栃木の生活にどっぷりつかっているうちに、
また私の中の日常が栃木県での生活に変わります。
そして、雪国での生活はあっという間に非日常に戻っていきました。
環境によって日常と非日常は入れ替わることがあります。
例えば、親と同居していて家事は母親がやってくれていた日常から一人暮らしになると、
はじめは非日常だったひとりでの生活が、慣れるにつれて日常になり、実家に帰省することが非日常になります。
これは環境に適応する力が関わっています。
環境が変わってもすぐにそれに馴染んでいける人も、
なかなかなじめずに、ついには体調を崩してしまう人もいます。
環境の変化に耐えられないとき、多くはストレスという言葉で表わされます。
ストレスに耐えられないときにできる対策は2つ。
①ストレスの原因を排除する
②ストレスに耐えられる抵抗力をつける
社会的に問題なければ①が簡単です。
でも、そうはいっても職場の上司が原因だからすぐ仕事やめますとは言えない人の方が多いものです。
そういうときに、体の土台(骨盤)を整えるとふんばりがきくようになります。これが②です。
骨盤が不安定だとお腹に力が入りにくくなり、物理的にふんばりが効かなくなります。
ふんばりがきかない体は防御力が低いのでダメージをくらいます。
天気の話からだいぶ遠いところにきてしまいましたが、
日常と非日常の入れ替わりをスムーズにするもしないも、土台の体が大切です。
学生は試験や進学、社会人は就職や部署の移動、新人の入職など、
これから春に向けて、年度を締めくくると同時に新しい生活に変わる、
新しい日常をつくる方も多くおられると思います。
春が来る前に、新日常に向けて土台を整えておくことは病気の予防や健康を目指すことと同じ意味です。
インフルエンザも流行っておりますので、ご自分の抵抗力と向き合ってみるのもよいのではないでしょうか。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

栃木県のマタニティー向け整体院のブログはこちらからご覧いただけます

当院は、栃木県にて妊婦さんや産後ママさん、赤ちゃんの為に整体を行っております。妊娠期や授乳期、赤ちゃんへの施術は体への影響などでお断りのお店も多い中、当院では安心して受けられる施術を提供しております。
「すこやかママのいえ」は、ありがたい事に評判も高くマタニティーや育児の雑誌への掲載もされております。その為、全国からご利用されるお客様も多くいらっしゃいます。このブログでは、雑誌掲載のお知らせや更新履歴、そして助産師の日常についてご紹介させて頂きます。
また、お得なキャンペーンのお知らせもこちらのブログにて告知させて頂きますので、是非栃木県の当院をご来店の際にはチェックしてみて下さい。他に、分からない事や不安な事がございましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る
Copyright(C) すこやかママのいえ All Rights Reserved.