すこやかママブログBlog

2020/11/26

ウリは整体しながら助産師の指導を受けられることです

いらっしゃる度に新たな育児の悩みが生まれるのが産後の患者様。

赤ちゃんの月齢によっても、自分のコンディションによっても悩みはどんどん増えたり、変化したりします。

 

当院では、産後に来院される方は、

少なくても月に1回は治療することをおススメしています。

 

 

それは、育児という慣れないことをやり続けることや、

毎日寝不足と戦っていることでの体への疲労やストレスを和らげることはもちろん、

 

外部の人間と関わる、状況がわかって愚痴を言える相手に気持ちを吐き出すメンタル部分や

 

どんどん噴き出す育児の不安や悩みをついでに相談してしまえ、という

 

一粒で三度おいしい状況💛を実現するためです。

 

 

 

 

 

あ、もちろんメインは整体で、育児指導や育児相談はついで的な位置付けですが

ちゃんと助産師なので、その気になれば育児指導で開業助産師にもなれますし、

育児相談などで開業されている助産師さんにもヒケをとらないご指導をしている自負はあります✨

 

 

これ、だいぶお得だと思います(〃▽〃)

今まであまり前面に出さずにいましたが・・・

 

実際にママ達にはだいぶ重宝されています(^▽^)

 

 

コロナで各種教室系が開催されにくいこのご時世

どこに相談したものか・・・という悩みはさらに増えていると感じています。

 

 

怖いのは、悩みがあること自体ではなく、相談できる相手がいないことですΣ( ̄ロ ̄lll)

自分が子供を産んだ時、自分が助産師でよかったと思いました。

自分の知識もそうですが、先輩助産師にもたくさん相談できたのが、本当に助かりました。

 

小児科や乳児健診などでも相談はできますが

小児科の先生はあくまで子供の体や病気の専門家であって、育児の専門家ではありません

人によってはご自分の子のミルクやおむつ替えもしたことがない方もおられます。

 

また、乳児健診は、主に保健師さんが相談を担当します。

助産師さんがいることもありますが、やはり助産師さんのほうが具体的な相談に乗ってくれます。

ディスっているのではなく、役割の問題です保健師も助産師も持っている身として・・・

 

そして、個別健診でない限り、集団で行う健診は基本一期一会です。

その瞬間での意見になるので、その後の状況とうまくかみ合わない場合もあります。

 

継続してみた方がいいものと、瞬間で見た方がいいものがあるとは思いますが

個人的に子供の成長発達は継続で見てもらう方が、メリットが多いように思います。

 

 

地域の保健師さんや助産師さん、育児に詳しい方など

信頼できる、継続してお付き合いできる方を見つけることができればベストだと思います。

 

 

電話してまで、保健センターに出向いてまで相談するのはちょっと・・・という方は

ご自分が癒されつつ、ついでにご相談ができる当院をぜひ利用ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/10/30

母乳育児あるある! おっぱいが出なくなった?

母乳をあげているママたちが割と陥りがちな心配事のひとつ。

 

なんか、母乳が出なくなった・・・Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

もちろん、本当に出なくなってしまう方もおられるのですが
ちょっと見させてもらうとめちゃめちゃ出ているのに心配でしょうがない・・・という方もいっぱいおられます。

 

 

なぜか!?

 

おっぱいの生産体制が変わるからです。

 

多いのは、産後4か月前後くらいの頃。

最近おっぱいが張らなくなってしまって・・・
と悩み始めます。

 

最初はどのタイミングでどれくらいの量を作ったらいいのかママの体もわかっていないので、

いつでも対応できるようにじわじわおっぱいが作り続ける24時間生産体制です。

ある程度タイミングや飲んでもらう量が把握できてくると、ずっと作り続けるのも効率が悪いので、

赤ちゃんがおっぱいを吸った刺激が入ってから作り始める、受注生産体制に変わっていきます。

 

 

要は、需要と供給のバランスが整ってくると、
やみくもに作り続けるのではなく
必要な時に必要なだけ作る、という風にシフトしていくのです。

 

 

この話をすると、みなさんほっとされます。
不思議なのは、赤ちゃんが溺れるほどじゃかじゃか出ている方でも、胸が張らなくなると出なくなったと思い込んでしまうことです。

 

胸の張り=おっぱいの出具合ではありません。

心配な方は出産された産院や助産院などで相談してみてもいいと思います。

もちろん当院でもご相談いただけます。
もっと早く聞けばよかった、なんてこともよく言われます。
心配ごとは、早めに解決できるとよいですね。

 

ちなみに、赤ちゃんが長く寝てしまったときなどに
胸が張るからと言って頻繁に搾乳をしていると

体が満タンにしなくちゃ!と絶えず作り続けるので

結局張りがおさまらない、なんてこともよくあります。

 

 

 

ちゃんと吸ってくれる赤ちゃんなら、長めに寝た場合も
いっぱいたまったおっぱいを飲み干してくれます。

 

多少胸が張っていても、
そのまま放っておいて
赤ちゃんが起きたら飲んでもらう方が
ママの手も煩わしくないし、おっぱい生産のバランスも整いやすいのでおすすめです。

 

 

乳腺炎を気にして搾乳される方も多いですが、乳腺炎の原因は血液循環が悪いことや肩甲骨周りの緊張の方が影響が大きいことが多く

その血行不良の原因が体の内側(内臓や骨格)の影響を受けていることが非常に多いですので

体を整えることで、乳腺炎は予防できます。

育児は体力を使いますので搾乳で疲れてしまわないよう、しなくてもよいものは必要最小限にして省エネ、がよいと思いますよー。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/10/11

やっぱり楽しい育児指導♪

当院では、ママと赤ちゃんに育児技術のアドバイスをさせていただいています。
おむつの替え方や抱っこの仕方、授乳関連もまるっとカバーしております。

・・・整体院ですけどね

 

まあ、助産院ではありませんが施術のついでに助産師の指導を受けられるのが当院のメリットです。
ある意味ママが希望していなくても、おせっかい婆のごとく、勝手に指導したりしなかったり・・・汗

なんて、冗談ですけど、いらした方の赤ちゃんの扱いは一応チラ見しつつチェックしています。

・・・もちろんガン見でチェックすることもあります

 

言い訳がましく言っておくと
別にママを落ち込ませたいわけでも、意地悪したいわけでもなく

単純に、

その方が、ママと赤ちゃんの双方にメリットがあるから

です。

 

育児の負担が少しでも減れば、ママの疲労が減ります。
ママの疲労が減れば、育児がもっと楽しくなります。

 

育児技術のやりやすいポイントというのはたくさん存在します。

多分私が知らないけれど素敵なやり方も他にいっぱいあると思います。

私は整体師でもあるので、整体師の視点と助産師としての視点をいいとこどりして
良いと思うやり方をご紹介しています。

 

もちろん、完全無欠、唯一無二の育児法など存在しませんので
主軸となる原則を踏まえた上でその親子その親子に合いそうな方法をお伝えします。

 

最近も新米ママになった方が見えられました。

 

心身の疲れもさることながら
そもそも赤ちゃんの扱い方をきちんと習得できていないために
余計な負担も蓄積中・・・という状態でした。

 

もともと産婦人科に勤めているときも感じてはいましたが
入院中の育児指導だけでは正直不十分であることが多いのです。

 

ママの状態、赤ちゃんの状態、スタッフによって微妙に言うことが違うなど
理由はさまざまですが

 

きちんと教わった・・・けどできない
きちんと教わった・・・けどいつの間にか超絶自己流になった
そもそもきちんと教われなかった

 

にだいたい分かれます。

母子と、ついでにパパも体を整えてから
いくつか注意してほしいポイントをお伝えして
やってみてもらうと

「やりやすいー(゚д゚)!」

とパパママ共におっしゃいました。

大切なのは、お手本を見たままに真似することではなく
ポイントを押さえて、自分と赤ちゃんに合わせてやりやすいように調整することなのです。

 

赤ちゃんが成長して大きくなったら、ママが腰痛になったら
同じことができなくなったり、同じことをしても通用しなくなるかもしれません。

 

都度調整する感覚があれば
状況が変化してもすぐに対応ができます。

 

もし私の抱っこが上手と言われるとしたら
それはテクニックが上手なのではなく
一般的な抱っこの形にこだわらず
どうしたら自分と赤ちゃんが快適な形が作れるかを抱っこした瞬間から探して、

探し当てるのが新米ママよりはやいからです。

 

新米ママが陥りがちなのは、ポイントは無視して見た目だけ近づけようとすることです。

でも、身長も体重も腕の長さも、胸の大きさも違う人間が、

まったく同じ形で赤ちゃんを抱こうとしても、それは無理があります。

 

抱くことはできますが、多分赤ちゃんは
身の置き所がなくていつまでももぞもぞしたり反り返ったりして訴えてきます。

それを「私の抱っこが嫌なんだと解釈して落ち込むママがこれまたとても多いのですが
ママの抱っこが嫌いな赤ちゃんはいません。

 

抱っこはしてほしいけど、もう少し収まりよくしてほしいな

というサインを送っているだけなのです。

ぜひぜひ、ママと赤ちゃん両者がしっくりくる抱っこを模索してみてほしいです。
わからない方はお手伝いしますので、いつでも遠慮なくおっしゃってください。

 

 

あの一体感を体感した瞬間の親子を見るのは、
私の大好物です

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/08/08

赤ちゃんの本来の姿

「うちの子、身体がかたいんです」

なんて、割とよく聞きます。

 

まあ、ある程度の年齢になるとそういうこともあるかな、と思います。

 

でも、赤ちゃんは基本やわらかい生き物です。

 

今でこそ身体がかたいうちの息子も

赤ちゃんの頃は、こんなに!?というほど身体がやわらかく、

すべすべな肌がきもちよい存在でした。

 

 

多くのママたちは、赤ちゃんの身体がかたいのは生まれつき、
最初からそうだった、と思っておられます。

 

 

でも、かたい赤ちゃんもケアをして状態がよくなっていくと必ずやわらかくなります。

また、かたくなったとしても、ケアを続けていれば見違えるほど変わります。

 

まずは、本来の赤ちゃんがどんな状態なのか、ママが知ること、体験することが大切です。

 

当院に来られるママたちも
なんとなくは気になってるけれど、どうなのかな?とはじめは半信半疑な方もいらっしゃいますが
ケア後の我が子の変化に驚かれます。

 

 

うちの子、本当はこんなにやわらかかったんだ(゚д゚)!

 

 

そう感じることが、まずは第一歩です。
それが、その先の基準になるんです。

母体の歪みや、分娩時のダメージなどで
出産して最初にお世話の練習をする時点ですでに身体が凝り固まっている赤ちゃんは、

わたし的には珍しくもなんともありません。

だいぶ前に

赤ちゃん整体のいらない子はいない

という記事を書きましたが

 

 

生まれてからまず一度、本来の姿を取り戻すのはとても大切なことだと思います。

 

歪んだまま、本来の姿でないまま成長すると、それを良くしていくのにかかる時間は比例して長くなります。

早めにお子さんの身体の状態の基準を知ることは、赤ちゃんのその後の成長にも大きく影響します。

とりあえず一度、母体内の問題・分娩時のダメージを軽減してみると、

我が子の違った一面を見られるかもしれません。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/06/16

ガマンで体がかたくなる

当院に赤ちゃん整体を受けに来られる赤ちゃんで、

体の問題を取っても緊張が抜けないお子様がいらっしゃいます

 

 

メンタル的に、何かを我慢している子がそうです。

 

気持ちのもやもやや、泣いたり、大声を出して発散したりがうまくできていないと、

0歳児でもストレスが貯まります。

 

そういうとき、

気持ちよく泣かせてあげるとガス抜きになり、

我慢して閉じ込めていたものを開放することができます。

 

泣いたあとは表情がすっきりして、

嘘のように体がやわらかくなるのでママもびっくりです!

ときには私までびっくりするほど変わる子もいます(゚д゚)!

 

 

当院ではエネルギー治療も行っていますので、

そういうもやもやを治療で軽減すればいいのかもしれませんが

私は助産師でもあり、子育てのお手伝いもしたいと思っていますので

 

おうちで同じような状況になったとき、

ママが対処していけるように、

あえてママと一緒に泣きに付き合うということをします。

 

 

いいか悪いかはママによって違うと思いますが、

泣いてスッキリした我が子の表情を見ると

 

大抵のママは

「なんかすっきりしてる Σ(・□・;)」

と受け入れてくださいます。

 

 

体の問題を取ったりより健康に育つために

赤ちゃんの治療は必要なことですが、

 

心に寄り添い、

こどものもやもやを開放することも、

母子の関係をよくするひとつの要素です。

 

 

院内の空間では、私が泣くことをよしとしているので、

騒音や近隣問題などの関係で自宅では思い切り泣かせることができない子でも、

 

「うちではこんなに泣かない」と言われるほど泣いて、

 

泣き止むとお顔がすっきりということはよくある光景です。

 

 

ママが整体を受けつつ、私との会話で育児の悩みをもらしてすっきりするのと同じように、
赤ちゃんも日頃のもやもやを私にぶつけてすっきりしているんだなと思います。

 

 

ちなみに私自身の育児では、我が子との距離が近すぎて空回り連発でした。

 

ちょいちょいこんなんなってました(-_-;) ↓

 

なので、うまくいかなくて落ち込み~も十分経験しています。

みなさん私が育児では失敗しない位に思ってたりしますけど、そんなことないです

その反省や経験があるからこそ、今の育児のアドバイスができていると思っています。

適度な距離があるからこそできる指導があるということです

 

 

赤ちゃんに限らず、我が子が何かを我慢して体をガチガチにしているときは、

遊びでも泣かせるでも何かでわーっと発散させてあげると、

体の緊張がやわらぐことがありますので、

よかったら実践してみてください<(_ _)>

 

 

あ、ママもガマンしていると体や頭がかたくなりますから

号泣したり、大声出したり、体動かしたり、

ため込まないようにするといいですよ。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/05/31

向きグセと生活環境

向きグセ・・・

 

 

それは、乳児をもつ親御さんならほとんどの方が一度は気になる問題。

 

特に、頭の変形を伴っているとがぜん深刻度は大きくなる一方です。

 

 

気になり始める時期はそれぞれですが、

 

よくよく話を聞いてみると、

 

生まれてすぐ、産院に入院中の段階からどちらかを向いてばかりだったといわれることは珍しくありません。

 

 

このあたりは過去に

 

「向き癖による頭の変形は生まれて○日目から始まっている!」

 

でも書いていますが

 

赤ちゃんの向きグセは最短生まれたその日に始まりますし、

さらに早い子なら生まれた瞬間から頭の凹みが確認できる子もいます。

 

つまり、ママのお腹の中ですでに向きぐせが始まっているということです!!

 

多くの産院では赤ちゃんのベッドは「コット」といって

簡易的なベビーベッドに車輪がついていて移動がしやすくなっています。

 

 

 

そしてベッドは平らです。

この平らなベッドに、何も考えずにそのまま赤ちゃんをべろんと寝かせると、

必ずお顔がどちらかを向くようになっています。

(おへその向きは天井を向いているのに)

 

それは、首すわり前であることと、

頭の形が横より前後の長さ経が長いことが深く関係しています。

 

 

 

 

そもそもこの、体は天井向きで顔は真横を向いているという体勢、

大人が一晩中やっていたら確実に寝違えます(-_-;)

 

赤ちゃんだから大丈夫ということはなく、やっぱり肩が凝る子もいっぱいいます。

 

頭の歪みが気になるから、反対を向かせたけどだめでした・・・

という話もよく聞きますが

 

基本おへその向きとお顔の向きを同じにしないと結局不快なので嫌がりますし、

首肩が凝っているのにさらに逆方向に向かせられると、ひどいと痛みを感じることもありますので、

ギャン泣きされて断念・・・

もう好きな方を向いていてください(泣)

という事態になります。

 

でも、

 

でもですね、

 

意外と気にされていないのが赤ちゃんの生活環境なんですよ。

 

「この子こっちばかり向くんです」

 

とママが言う割には、まあ月齢にもよりますけど

当院のベッド脇の長座布団で寝かせている分には、

 

ママの方を向こうとしてめちゃくちゃ逆向いてる!Σ( ̄□ ̄|||)

 

ということもよくあり・・・

 

おうちで、

この子がどっちを向いたらママが見えますか?

どちら側に光や音の出るものがある配置ですか?

 

 

と質問すると

だいたい向きグセのある方向を見ると誰かがいたり、

音や光の出る側だったりします。

 

 

赤ちゃんは好きな人がいる方や音がする方を向きたがりますから

向きやすい方と向きたい方が同じだと、

反対側を向くモチベーションは上がりません。

 

 

放っておいても向きぐせと反対側を向ける場合は、

まずは普段あまり向かない側を向いたらママがいる、

という環境に変えてみることをおすすめします。

 

寝ている場所は変えられなくても、

赤ちゃんの頭と足の位置を入れ替えれば反対向きにできます。

 

大掛かりな模様替えもいりませんので、

まず変えてみるのにいいと思います。

 

 

それでも反対を向かない子や、

 

むしろ右も左も向かずにひたすら天井だけを凝視しているような赤ちゃんは、

 

かなりの緊張状態であることが予想されますので、

 

よかったら治療に来てみてくださいね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

栃木県のマタニティー向け整体院のブログはこちらからご覧いただけます

当院は、栃木県にて妊婦さんや産後ママさん、赤ちゃんの為に整体を行っております。妊娠期や授乳期、赤ちゃんへの施術は体への影響などでお断りのお店も多い中、当院では安心して受けられる施術を提供しております。
「すこやかママのいえ」は、ありがたい事に評判も高くマタニティーや育児の雑誌への掲載もされております。その為、全国からご利用されるお客様も多くいらっしゃいます。このブログでは、雑誌掲載のお知らせや更新履歴、そして助産師の日常についてご紹介させて頂きます。
また、お得なキャンペーンのお知らせもこちらのブログにて告知させて頂きますので、是非栃木県の当院をご来店の際にはチェックしてみて下さい。他に、分からない事や不安な事がございましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る
Copyright(C) すこやかママのいえ All Rights Reserved.