すこやかママブログBlog

2020/02/14

久々の長距離出張

ここ1年くらいは東京への出張回数が激増したためか

施術での出張は県内の割と近いところが多かったのですが

 

かなり久しぶりに県外からの出張依頼がありました。

 

 

そして今までの出張先までの最長距離を更新しました!!

 

 

 

首都高が怖いので東京へ車で出張する気はありませんが

東京まで行くのとあまり変わらない距離でした(^_^;)

 

 

知らない土地を運転する機会はそうそうありませんので

意外とうきうきします

 

 

地図を調べて、観光名所があると立ち寄ってみたり

 

名物料理を食べてみたり

楽しいです。

 

 

なんせ仕事という大義名分がありますからね

 

 

子育て中のママたちは、なかなか自分の都合だけで一人で出かけるということができません。

子供を預かってもらう都合や、お迎えの時間の問題で、たくさんの制約がありますね。

 

 

私もそうでした。

 

 

ただ、実家が近いことや家族の協力が得られているので

毎週東京に出張するなど、そうはいってもかなり恵まれています。

 

もともと運転は好きなのですが、

 

用もないのにするほどは好きではない・・・

くらいのものなので

 

必要に駆られなければ何日も運転しないでいられます。

 

そんな私を、知らない土地、知らない道へ誘ってくれるのが出張整体です。

 

 

10年前はナビがあってもおかしなところに連れて行かれる事件がちょいちょいあったので、

分厚い関東自動車道路地図を片手に家を探すアナログ方式も併用していました。

 

 

ビバ!〇ーグルマップ。

 

今はとても便利ですね(^^)

 

 

やんごとなき事情で来院ができない方に、

出張料はかかりますが自宅まで施術に行きます。

 

 

 

 

まあ、来院された方が出張費かかりませんから

基本来られるなら来たほうがいいですよ、とは説明しますけどね

 

産後まもなくで出かけられない方や

 

運転が苦手な方は

 

そういう手段も選択肢にあっていいのかな、

 

と思って始めたことですが

 

 

何年経っても、細々ご依頼をいただくことを考えると、ニーズはあるんだなと感じます。

 

続けられるうちは、続けていこうと思います。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/01/24

股関節脱臼検診にひっかかる

年に数人、乳児の股関節脱臼検診でグレーな判定をされた子がやってきます。

 

 

まさか田舎の怪しげな整体院で股関節脱臼関連がどうにかなるなんて思われないのでしょう。

主訴が脱臼関連だったことはありませんが・・・

 

 

でも、話を聞いていくと

 

「実は・・・」

 

と生後2~4か月で受ける赤ちゃんの股関節脱臼検診で、

1か月後に再診を言い渡されてブルーになっている状況を聞くことがあります。

 

 

 

 

 

脱臼の診断はないけれど

 

「股関節がかたい」

 

という理由で再診になる子は、話を聞いていると割と多いと感じます。

 

 

 

学生時代にお世話になった先輩で整形外科医になった方がいるので

そのあたりの裏事情をお聞きしたことがありますが

 

「なんともない」のでなければ

無罪放免にはできないらしいです。

 

 

でも、大抵の場合

その股関節のかたさは股関節そのものの問題ではないことの方が圧倒的に多いです。

 

 

「股関節がかたい」状態がよくわからない方には

おむつ替えがしやすいかどうかをお聞きします。

 

脱臼していなくても、股関節がかたくおむつ替えのしにくい赤ちゃんは

不調であることが多々あります。

 

 

お腹が張っていると、張ったお腹がつっかえ棒のようになって股関節が曲がりにくく、

結果としておむつ替えの時にも股関節が曲がりにくいので

おむつを替えにくい、という状況が生まれます。

 

 

 

股関節脱臼のリスクが上がるのは

・女の子であること

・家族に股関節脱臼のひとがいること

・ママのお腹にいるときに逆子だったこと

などがあります。

 

男女差は、骨盤の形の違いで女の子の方が脱臼しやすい形です。

家族歴はちょっと追いかけたことがありませんが

逆子の子は確かに脱臼しやすそうな印象です。

 

 

でも

 

 

治療するとよくなります。

上に書きましたが、

股関節そのものの問題でなく、おなかの中や体の他の場所の問題だったりするからです。

 

外傷などの、外からの力でなければ、ちゃんと原因が隠れています。

 

 

 

ちなみに数年前に診た子で

整形外科で股関節脱臼と診断され、整形外科的な治療開始寸前にたまたま別の悩みで来た赤ちゃんが

確かに股関節はかたいけど

どこをどうみても脱臼はしてなくて

 

治療して股関節がやわらかくなってから

セカンドオピニオンをお勧めしたら

脱臼じゃなかった、ということがありました

 

 

何かでひっかかっても、体を整えると状況が変わることはよくありますので

一人で悩まずに、ご相談くださいね。

 

 

検診で余計な心配をしないためにも、予防で体を整えることはメリットがあります。

 

妊娠中のママの体を整えること

生まれた赤ちゃんの体を整えること

どちらも、赤ちゃんの将来のための予防行動になります

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/01/17

慢性疲労の小中学生

昨年はたくさんの小中学生が当院にきてくださいました。

それ自体はとてもありがたい話なのですが

 

みんなみんな若いのに

 

とても疲れています

 

 

 

 

慢性疲労の大人はとても多いです。

そして肩こりや頭痛の若年化とリンクするように

慢性疲労も若年化し、子供の慢性疲労が増えてきていると感じます。

 

宿題が必須なストレス環境のせいか

スマホ・タブレット・ゲームなど画面をみることが多いせいか

外遊びの時間が少ないせいか

 

いろいろと推測はできるのですが

 

 

内臓の疲れや、

夜寝ている間の回復力が弱ってる

ように感じます。

 

 

確かに大人に比べたら元気は元気なことが多いです。

でも、治療後に

 

「体かるーい!!」

 

と感動しているところ見ると

 

身体重かったんだね~ってしみじみ思ってしまいます。

 

 

重い体で生活するということは、重りを背負って生きているのと同じです。

呼吸が深く吸えないことは、低地にいながら高地トレーニングをしているのと同じです。

 

 

それ、疲れますよね?

 

 

子どもは元気だから整体は必要ないと感じておられる方は多いのですが

 

むしろ子どもこそ、

本来持っているパワーを発揮するために

元気に毎日をすごすために

 

ときどき体をメンテナンスしてあげると

生きやすいと思います。

 

 

ちなみに大人に比べて成長するための力があるので

いい状態に方向修正してあげると、

こちらもびっくりな(゚д゚)!絶大な回復力を見せることが多いです。

 

 

一晩眠って回復する力が働けるようになると

自力でよくなっていくからです。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/27

毎年恒例 今年もこの季節が・・・

毎年春と秋に言っていますが

 

 

 

 

 

乳腺炎の季節です!!

 

 

 

ついてこられない方は、気合で読み進めてください

 

 

当院にも、何名かおっぱいケアか全身整体か迷った上で全身整体で予約された方がいらっしゃいました。

 

そして、皆様おっぱいに触らせてもらうことなく
状態がよくなってお帰りになりました。

 

 

なぜか!!!

 

 

乳腺炎の原因が、おっぱいにないからです

 

 

あ、でも100%おっぱいに原因がないということもなく

赤ちゃんに歯が生えて、噛まれて傷ができて

そこからばい菌侵入!というパターンもありますけど。

 

 

そういう外傷的な問題がなければ

 

だいたいの原因は内臓です。

 

 

毎年毎年言っているので、自分としてはしつこいネタなのですが

 

授乳期間には限りがあり

 

今年悩んでいる人は来年は終わっていたりするし

 

来年乳腺炎になる人は、今このブログを読んでいなかったりするので

 

しつこいですが、また書きます。

 

 

ちなみに昨年の今頃の記事はこちら

 

 

 

寒暖の差が激しい季節は

授乳中のママ以外も体調を崩しやすくなります。

ぎっくり腰もおきやすい季節です。

 

昨年の記事ではおしっこを作る内臓・腎臓について書いていて

もちろん腎臓に負担が出ている方は多いのですが

 

今年はすごい寒い日と生温かい日が変わりばんこにきているためか

どきどきが多いようで

 

 

心臓

 

 

 

に負担の出ている方が多いと感じます。

 

 

気温の変化をどうにかしようとすることはできませんので

しっかり湯船につかって、血の巡りを助けてあげることや

寒いと水分を控えがちなのを、ちゃんと水分補給してあげること。

寝る間際にスマホは見ないでゆっくり眠ること。

 

などでも予防につながりますので

是非意識して生活なさってくださいね。

 

 

皆様が思っている以上に、

 

内臓からくる不調はとても多いのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/30

ほっぺの硬さと口数と発達

先日、1歳半のお子様を診させていただきました。

ちょうど1歳半健診が終わったばかりで、

発語が少ないので2歳でもう一度確認が必要と言われたそうです。

 

1歳過ぎくらいにも診ていた子でしたが、

身体の動きの発達は問題なく、走ることももうできていて

むしろ進むのがとてもスムーズな状態でした。

 

でも、以前診た時に比べて、口数が少ないな、と思いました。

 

意味のある言葉を話すようになることは、もちろん発達において大切なことですが

そもそもの口数が少ないことも、注目すべき点です。

 

そもそも口数が少なければ、練習の量が減るということです。

練習量が減れば、スキル獲得までの時間もかかりやすいです。

要は、おしゃべりしたくてもしにくい状態になってしまっているということです。

 

 

 

 

ほっぺを触ってみて、ちょっと硬いなと思いました。

 

 

口数のが少ない理由はこれかもしれない。

 

 

他に、頭が膨らんでいてややでこぼこしていたり、

胸周り、お腹周りがもっとやわらかくていいかな、という印象でした。

 

 

お手当てで、必要なところを触っていくと

頭の大きさや形が変わり、胸やお腹周りもやわらかくなりました。

 

 

そして

ほっぺも、つきたてのおもちのようにやわらかくなりました✨

 

 

ママもほっぺの変化にとても驚いていましたが

それ以上に驚いたのが

 

その後、よくしゃべるようになったことでした。

にこにこしながら、ときどき意味のある単語をいくつか話していました。

 

 

先週の健診でこれだったらひっかからなかっただろうな、と思いました。

 

 

あまり知られていませんが、ほっぺの硬さ(頭の硬さとも関係)は口数に影響します。

笑い方も、にこっとするだけなのか、

きゃっきゃっ(⌒∇⌒)と声を出して笑うかにも影響します。

 

 

 

 

それは健診時期がどうの、発語がどうのというとは関係なく、生まれた時からずっとそうです。

 

 

ポニーテールをした女子の顔面が少し引きつれているのを想像してみてください。

想像できなかったら、自分で顔全体の皮膚を耳の方へ引っ張ってください。

 

 

何もしないのと、顔を引っ張った状態

 

どちらが話しやすいでしょうか?

 

どちらが笑いやすいでしょうか?

 

大人でも顔を引っ張ったら、話したり、笑ったりしにくいです。

 

 

病気までいかなくても、体調が落ちているとそうなります。

生まれた時から、病気はしないけど普段からなんとなく体調が上がらない子もいます。

 

 

「赤ちゃん整体が必要ない子はいない」

でも書いていますが、
何のケアも必要ない赤ちゃんはいません。

 

 

生まれた時からずっと同じなんです、とママの言うその状態が

 

実は不健康のサインだった!!

 

ということは珍しくありません。

 

 

 

赤ちゃんのサインに敏感になって、

 

やわらかいほっぺでよく笑い、よくしゃべる、

かわいいお子様との時間を満喫してくださいね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/11/06

赤ちゃんのおむつ替えは仰向け?うつ伏せ?

つい最近のことですが、

赤ちゃん連れのお客様がいらしたとき、ちょうど大量うんちをしたので

ここでおむつ替えてもいいですか?と聞かれました。

もちろん、うんちまみれのお尻で放置するなんてわたし的には絶対ありえないので、

どうぞと言いました。

 

 

 

赤ちゃんは9ヶ月。寝返り全開、はいはい高速、

ときどきよろよろつかまり立ちの、まったくじっとしない時期です。

 

 

 

 

一人目の子ではありますが、

便秘していないので毎日おむつ替えをしているだろうと、

私はそのまま見守っていました。

 

 

が・・・ママは悪戦苦闘の末

「やっぱりもういいかな・・・」と諦めようとしたのです(゚д゚)!

 

いやいや、これからこの子も治療するのに、お尻にうんちベッタリじゃお互い嫌だよ

 

ということで、おむつ替えを手伝うことに。

 

 

手伝っていて感じたのは、ママが

とにかく赤ちゃんを仰向けにしないと!

と四苦八苦していることでした。

 

 

仰向けにするならしっかり足を固定してあげないとすぐに寝返ってしまうし、

でも、がっちり持つのは怖いし・・・

と、ママの気持ちが手に取るようにわかります。

 

 

でも、うんちのおむつ替えで弱気になっていてはそこら中にうんちがついてしまい、

結果としてママのストレス増大の原因になります。

赤ちゃんもおしりがかぶれる原因になりますし・・・

さっさと強気でいかないといけません。

 

 

普段はパパと二人がかりでなんとかやっています、との言葉に、

 

 

じゃあ、パパがいない時にうんちしたらパパが帰ってくるまでうんちついたままのか?

という恐怖がよぎりましたが、そこは怖くて突っ込めませんでした。

 

いや、でも自分一人だったら誰かが来るまでおむつそのままにするママ、きっと他にもいるよな~

と、いろいろ不安になりました。

 

もはやしわの間とかにうんちがいくらか残っていても

100%おしりにべったりな位なら、せめて60~70%拭けていればいいさ

と謎に寛大な気持ちになりました。

 

 

 

「一人でできないと一人の時にうんちされたら困りますよね?」

 

とお話しし、うつぶせとつかまり立ちサポートでおしりを拭く方法を一緒にやりました。

 

 

 

ここでのポイントは、

ママが、

 

おむつ替え=仰向け

 

という固定概念に囚われていたことです。

 

 

おむつ替えの目的が、仰向けにするということにすり替わってしまったのです。

 

 

目的はおしりをきれいにすることであって、仰向けにすることではありません。

おしりがきれいになるという目的が達成されるなら、

うつ伏せだろうとつかまり立ちだろうと問題はなく、

なんなら下半身素っ裸にして風呂場でシャワーで流したってよいわけです。

 

 

真面目なママほど、「こうしなければいけないという思いが強く、

100点のやり方を求めようとして、結局とても困難な方法を選ぶ傾向があります。

 

 

結果うまくいかず、「わたしがダメだから・・・」と落ち込むところまでが一連の流れなんですが、

ここで意識が変わればすべてが変わります。

 

なんだ、やってみたらこの方法の方が簡単♪

そう思えたら、ストレスの素でしかなかったうんちのおむつ替えも

「すごく嫌なものから「ちょっと嫌なものくらいには変わります()

 

 

これは日常生活の他のことでも同じです。

 

手段が目的にすり替わってしまうと、うまくいかないことが往々にしてあります。

 

 

「目的をはっきりさせること」

 

 

これを大切にすると、迷うことがちょっと少なくなるかもしれません。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

栃木県のマタニティー向け整体院のブログはこちらからご覧いただけます

当院は、栃木県にて妊婦さんや産後ママさん、赤ちゃんの為に整体を行っております。妊娠期や授乳期、赤ちゃんへの施術は体への影響などでお断りのお店も多い中、当院では安心して受けられる施術を提供しております。
「すこやかママのいえ」は、ありがたい事に評判も高くマタニティーや育児の雑誌への掲載もされております。その為、全国からご利用されるお客様も多くいらっしゃいます。このブログでは、雑誌掲載のお知らせや更新履歴、そして助産師の日常についてご紹介させて頂きます。
また、お得なキャンペーンのお知らせもこちらのブログにて告知させて頂きますので、是非栃木県の当院をご来店の際にはチェックしてみて下さい。他に、分からない事や不安な事がございましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る
Copyright(C) すこやかママのいえ All Rights Reserved.