すこやかママブログBlog

2021/03/17

それ、本当にトシのせい?

ちょっと前のことですが、今年のお正月、

年に1回だけ連絡をする高校の同級生とのやりとりで
体調不良の話題になりました。

 

 

この友人は長年婦人科疾患やめまいに悩まされ続けているのですが
連絡をすると不健康を自慢し合うサラリーマンの如く、
これでもかと自身の不調の説明を繰り出してきます。

 

 

で、毎回彼女が必ずいう一言が

 

「トシのせい」

 

です。

 

これ、かなり便利な言葉ですよね。

残念なことに、医療業界ではよく使われる言葉なので、
余計に変に使いやすいというか、なんというか・・・なのですが

 

私調べですが、この「トシのせい」が口癖の方ほど見た目が実年齢より上に見えたり、

不健康が服着て歩いているようなことが多いです。

 

大変失礼ですが、先述の友人も、同い年なのにぶっちゃけ年上に見えます。

 

これは、私が普段関わる妊婦さんや産後の方でもそうなのですが
20代でも「トシのせいですかね?」という方は年齢より老けて見える方が多いですし
40代初産でも気持ちが若い人は元気ではつらつとしています。

ていうか、20代で「トシですかね?」って私に喧嘩売っているのかな?

 

年齢のせいにせず生きている人は若いです。

 

なんて書いていて、その代表のような人が超身近にいたことに先日気づきました。

相方(?)の内藤先生です!

 

所属団体でセミナー講師をやっているのですが、そのパートナーの先生です。

 

内藤先生とは年齢が10歳ほど違いますが、以前も今も正直並んでもあまり年齢差を感じません。

 

 

初対面の時も年同じ位だろう・・・と思って接していたので、
年齢を知ったときは医療業界の年功序列が頭をかすめ、
無礼な振る舞いをしてしまったかもしれない!
とガクガクブルブル・・・でした( ̄▽ ̄;)

 

・・・何の話でしたっけ?

 

お互い初対面の時より見た目は若くなりましたが、

やっぱり内藤先生の若さの秘訣には、トシのせいにしない、が含まれているように思います。

 

私も昔(主にナース時代)はよくトシのせい発言をしていたのですが、最近はめっきり言わなくなりました。
言わないから変わったのか、変わったから言わないのかは定かではありません。

 

内面から変わるためには「トシのせい」ロックを外すことが近道になると思います。

これは美容でも健康でも同じことです。

 

実年齢を変えることはできませんが、年齢より若くなるも年齢より老けさせるも自分次第なのです。

 

口癖になっている方は、まず口癖をやめてみましょう。
並行して体を整えると、健康に、きれいになっていきます。

 

キレイに向けて、今日から始められます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/02/21

帝王切開だったら、マタニティ整体は意味がない?

ときどきぽつりぽつりといらっしゃる逆子でお悩みの妊婦さん

なんとか帝王切開を回避しようといろいろ調べて辿り着いてくださるのですが・・・

 

 

出産の時のことを説明していると

たまに、本音がぽろっと出てしまいます。

 

「帝王切開だったら意味ないですよね・・・」

 

 

 

これではまるで自然分娩できなかったらそれで終了ーって感じですね。

 

まあ、私も二人の子供の妊娠中に逆子になった時期がありましたので、なんとなく

やばい!と感じる気持ちはよーくわかります。

 

でもですね、目的を見誤ってはいけません

 

大切なのは、目的は、母子ともに無事に分娩を終えることです。

 

 

逆子で最初から予帝王切開の予定になると、

出産に向けて体を整えるとか

もうどうでもいい気持になるのもわからなくもないですが、

 

産んで終わりではないです。

 

 

産んだら赤ちゃんの人生が始まり

ママは育児が始まります。

 

そのために、できるだけ身軽に動ける体を準備しておきたいですし

赤ちゃんだってあっちもこっちも凝ってますーな体じゃないほうが絶対にいいです

 

妊婦さんが体を整えるのに、

逆子を予防する、頭を下に戻すという意味合いももちろんありますが

 

母子ともに良い状態に整えること、

これが一番だと私は思っています。

 

 

どんなに事前準備をしっかりしたとしても、

そのときになってみないと何が起こるかわからないのが出産です。

 

逆子で予定帝王切開になる人がいれば、

何もリスクがなくても、赤ちゃんの具合が悪くなって緊急帝王切開になる人もいます。

 

手術ぎりぎりに逆子が治って下から出産する人がいれば

せっかく逆子が治ったのに別の理由で帝王切開になる人がいたり・・・

 

本当に、何が起きるかわからないです。

 

でも、結果帝王切開になったからと言って

妊娠中の努力が無意味ということはありませんよね。

 

ママの体を整えることは、赤ちゃんの体を整えることでもあります。

 

親として、赤ちゃんに快適な環境を用意することは

生まれてからだけでなく、生まれる前からできるのです。

 

 

というわけで

体を整えるのに、無意味なことは何一つありません。

 

むしろ、帝王切開の人のほうが、術後に動ける体でいないと、

入院中の育児がよりしんどくなります。

 

 

 

 

軽い体、動ける体を妊娠中から準備しておきましょう。

動ける体かどうかで育児の感じ方が180度変わります。

 

どんな出産方法であっても、体を整えて、自分と赤ちゃんの状態を上げてくださいね。

 

メリットしかないです。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/02/03

横抱きが嫌い、のウソ

今年こそ、もっとマメにブログを書こうと決心したのもつかの間・・・

気づいたらまた月が変わっていました

 

 

本日はタイトルの通り、

 

「うちの子、横抱きが嫌いなんです」

 

の真実についてがテーマです。

 

 

横抱っこをすると反り返ってしまったり

 

釣ったばかりの魚のようにピチピチはねてしまったり

 

どうにもしっくりこなくてママがへとへとになったり

 

というのはよくあることです。

 

 

 

そして、その結果ママが、我が子は横抱きが嫌いなんだ・・・

思い込むところまでがワンセットです

 

 

でも、

でもですね、

 

実は横抱きが嫌いなわけじゃないんですよ。

 

 

横抱っこになれない理由がちゃんとあるんです

 

実際どうにもこうにも横抱きができない赤ちゃんも、

治療するとすんなり横抱きさせてくれます。

 

横抱っこになれない原因が取れるからです。

 

 

以前、授乳の問題は

 

①ママの問題

②赤ちゃんの問題

③両方の問題

 

だという話をしましたが

 

抱っこも同じです。

 

 

・ママの体がうまく抱っこできる状態じゃないため落ち着かない場合

・赤ちゃんの体が緊張していて力が抜けなくて落ち着かない場合

・ママも赤ちゃんも体が緊張して、お互いしっくりこない場合

 

に分かれます。

 

 

赤ちゃんがピチピチはねてしまって横抱きできない場合は、

 

基本赤ちゃんの体の緊張があると考えていいと思います。

 

 

横抱きするとママの腕から落ちてしまいそうになるので、

 

落とさないようにぎゅっとすると

 

結果斜め抱きや縦抱きの出来上がりです。

 

ときどき羽交い絞めになっていることも・・・

 

 

縦抱きが悪いというわけではないですし、

 

赤ちゃんに負担がかからないように注意していだければ

 

どんな抱き方をしても問題はありません。

 

が・・・

 

残念ながら抱っこの基本というか、

注意するべきポイントが産院で指導されていないことも珍しくなく、

 

 

知らぬ間に

 

赤ちゃんに負担な抱き方になっていた!

 

というのが非常に多いのです。

 

 

ちびっこ育児で一番時間を費やすのが抱っこだと思います。

 

お互い最小限の負担で、楽しく幸せに抱っこを体験してほしいなと思っています。

 

 

どうにも抱っこがしっくりこない、とひそかにお悩みの方はぜひご相談ください。

 

知っているようで知らなかった、目からウロコの話をお聞かせできると思います。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/01/11

妊活中 いちゃいちゃ夫婦生活のススメ

妊活中のご夫婦、

個人的に一番いちゃいちゃしてほしいのですが、

 

特に不妊治療まで進んでいるカップルは、

スキンシップが著しく減る傾向にあります

 

 

子作りのためだけの夫婦生活になりやすく、それ以外の接触が減ってしまうのです。

 

そして迎えた排卵日間近の夜・・・

 

「今日タイミングだから」

 

という奥様の一言は、旦那様にとってプレッシャーMAXになります

 

男性は女性が思う以上に繊細なので、

プレッシャーが大きいとうまくいかない、なんてことも珍しくなく・・・

 

ますます夫婦生活から遠ざかってしまう、なんてことも珍しくありません

 

 

でも、よく考えてみてください。

排卵はだいたい1か月に1回です。

 

精子が精巣にいっぱいになるのに2~3日かかります。

 

 

1か月に1回のそのときだけしか精子が出されなかったら、

その精子はいったいいつ作られたものでしょうか?

 

 

・・・そうです、1か月前ですΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

 

これ、お伝えするとけっこうびっくりされる方が多いのですが

 

事実です

 

 

マンタンになるまでの期間は年齢や個人差などで変わりますが

 

1か月前に生み出されたものよりも、

最近生み出されたもののほうが受精しやすいお元気な精子のイメージがありませんか?

 

精子をよい状態でキープするには、

1週間に1回くらいは入れ替えるのがよいといわれています。

 

てことは、月に1回のタイミングだけでは足りませんね。

コンスタントにスキンシップしてください

 

いつがタイミングかわからないくらい仲良くしていれば、

いざこの日!と奥様が気合を入れても旦那さんにはわかりにくくなりますね(笑)

 

 

忙しいを理由にしていては、うまくいくものもうまくいきません。

 

だって、

赤ちゃんがお腹にきたら、

この世に生まれてきたら

 

忙しいからって後回しにすることはできません。

 

 

夫婦の時間をしっかり持つこと、お互い話をすること。

これを今のうちにしておくと、パパとママになったときにも普通にできます

 

 

でも、やっていないと、

特に奥様が「自分が我慢すればいいや」と思っていると

 

実際にママになったときに

パパに相談したり助けを求めることができずにどんどん自分を追い詰めます

 

スキンシップも会話も大切です。

ちょっと昔を思い出していちゃいちゃ夫婦生活を楽しんでみてください。

 

 

 

 

ママにも赤ちゃんにも将来的なメリットが大きいので、

体を整えながら妊活するのが絶対望ましいです(`・ω・´)b

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2021/01/06

2021年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます。

無事に新年を迎え、1/4より営業を開始させていただきました<(_ _)>

 

 

 

 

年末も年始も普段以上に患者さんがいらしてくださり、

世間のお休みに営業したほうが実は喜ばれるのかな?と思ったふしもあり・・・

 

来年の年末年始の営業は世間がお休みの日を営業しようかな、

なんて検討しています。

 

 

世の中は再びの緊急事態宣言を控え、例年とは違った年明けとなりますが

困難な時代こそ自分で考え、自分で決めることの意味が色濃く現れます。

 

この機会に、自分はどうしてこの決断をしたのだろう?

と自問自答してみるのもいいかもしれません。

 

 

例えば、

 

どうして自分は近所のスーパーまでこの道を通るのか?(笑)

 

・・・この道が近いから。

 

 

なぜ近い道を選ぶのか?

遠回りしてはいけないのか?

 

・・・時間がもったいないから、疲れたくないから。

 

 

なぜ疲れたくないのか?

 

・・・他のことができなくなるから。

 

 

なんて、ここまで掘り下げることはあまりないと思いますが

 

こうやって考えてみると

連想ゲームみたいで面白い部分や

 

自分って実はこんなこと考えてたんだ~なんて

新たな発見があります

 

 

よく「なんとなく」という答えになることもありますが

なんとなくにも実際は理由があったりします。

 

単純に、決断するまでの時間が短いから

直感とか野生のカンなんていったりしているだけです。

 

 

普段の生活で小さな決断を重ねていくことで、

大きな決断の時も躊躇せずに決められるようになります。

 

 

まずは、今年の抱負を決めてみてください。

その際は、ちゃんと理由も考えてみるといいですね。

 

どんな状況になっても、自分の人生を生きる一年にしてみてください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

栃木県のマタニティー向け整体院のブログはこちらからご覧いただけます

当院は、栃木県にて妊婦さんや産後ママさん、赤ちゃんの為に整体を行っております。妊娠期や授乳期、赤ちゃんへの施術は体への影響などでお断りのお店も多い中、当院では安心して受けられる施術を提供しております。
「すこやかママのいえ」は、ありがたい事に評判も高くマタニティーや育児の雑誌への掲載もされております。その為、全国からご利用されるお客様も多くいらっしゃいます。このブログでは、雑誌掲載のお知らせや更新履歴、そして助産師の日常についてご紹介させて頂きます。
また、お得なキャンペーンのお知らせもこちらのブログにて告知させて頂きますので、是非栃木県の当院をご来店の際にはチェックしてみて下さい。他に、分からない事や不安な事がございましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る
Copyright(C) すこやかママのいえ All Rights Reserved.