すこやかママブログBlog

2023/03/22

そもそも話 首が座るってどういう状態?

うちの子首が座ってきました(^▽^)/

 

 

と、うれしそうにご報告をいただくことは珍しいことではありません。

 

お客様はもちろん、親戚や友人知人からもよく言われます。

私が助産師だからですかねー?

 

 

でも、大抵の場合、

 

それ、本当に首座ってますか?

 

と確認したくなる衝動といつも闘っています。

 

 

だって

首が座ってるんじゃなくて、凝り固まってますから~!!

みんな首座りを知らなすぎる~

 

そういう訳で、若い頃は今よりもっと外出先で赤ちゃんを見ると衝動に駆られて

あぶな~・・・💦ということがありましたが、今はできるだけ「無」を心がけています。

 

大事なのは、ママやパパが自分であれ?と思って変えようとすることなので。

 

そういえば・・・

 

一般の人って「首座り」がどういうものか学ぶところってないんじゃない?

 

 

私は助産師なので、看護学校でも小児看護で(軽ーく)勉強しましたし

助産師学校でも赤ちゃんの発達という部分で(軽ーく)勉強しました。

助産師になってからもセミナー受講などで(がっつり)学んでいるので

多分一般的な看護師助産師よりは発達に詳しい方だという自負もそれなりにあります。

 

自分も助産師で働いていた頃は発達関連に弱かったので

マニアックな人でないと、たとえ医療者でも赤ちゃんの発達を知らない人の方が多いかもしれません。

 

では、医療者でもこのありさまだったら、ママたちはいったいどこで知るの?

 

一昔前の大家族の頃は、自分の子供以外にも赤ちゃんに触れる機会が今よりあったでしょうし、

おばあちゃんの知恵袋的な口伝えもあったのではないかと想像できます。

 

・・・が、今のママたちの親(おじいちゃんおばあちゃん)世代は既に核家族世代に入っているので、

自分も親から伝えられずわからないままに育児をした世代のスタート時期の方々だったりします。

 

なので、当然自分の親からもそれほど有用な知識は伝わらないと考えても大きく間違ってはいないでしょう。

私自身の親も含めて、知らない人はとても多いので。

 

ちなみにたまひ●とかは大したことは載っていません。

ちょっと知っている人だったら「なんでこんな体の子が月齢モデルに?」ということも珍しくなく・・・

大事にするところがそこじゃないんだなあ~と。

 

地味だけどめっちゃマニアックな情報載せてくれてるネット情報の方がいいこと書いてあったりします。

でも、知らないと判別が難しいんですよね・・・

 

よくよく考えてみたら、母親学級や産後の育児指導はあっても、せいぜい産後の1か月健診までのことで

1か月健診以降のことって教えてもらえるところがありません。

 

当然4か月位でやってくる首座りのことも教えてもらえる機会はなく、

ママたちは「なんとなく」のイメージで首が座った「気がする」のを首が座ったと報告してくれるのです。

 

首座りも実は奥が深くて、それについて話し始めたら1日中でもしゃべっていられそうですし、

書いている今現在も話があちこち飛んでしまって半分以上消しながらやっているのですが、

大量に情報や言葉をぶつけてみたところで誰も得をしないのでがんばって簡潔にまとめてみようと思います。

 

まず、首座りについてたくさんの方が勘違いしていること

①早く首が座るのはいいこと

②首がしっかりする(頑丈になる)のが首座り

 

ハイ、これ両方ブ~です。

 

①について

首座り以外でも全般に言えることですが

「発達は早い方がいい」は大間違い

なので、まずはこの発想を横に置きましょう。

 

物事には何でも適正なタイミングというのが存在します。

 

4か月位で首が座るのが生き物としてのタイミングですので

前後1か月程度の個人差が出たとしても、1か月や2か月で首が座るというのは体の構造上イレギュラーになります。

 

この時、同時に合わせて考えなければならないのが②です。

 

「首がしっかりする」の解釈の問題です。

ここいらがきちんとした情報が出回らないことと関係しているのですが、多くの場合

 

首がぐらつかなくなった→しっかりした→首が座った

と考えています。

 

が、このぐらつかなくなった状態、

見てみると「ぐらつかない」を通り越して「びくともしない」くらいガチガチに固まっていることがあります。

 

簡単にいうと肩こりの状態になっていて、

凝り固まっているからぐらつかない、びくともしないわけです。

 

この場合、ママが気になる症状として

顔や首の湿疹、体は細いのにくっきり二重あご、頭皮の垢が張り付いて落ちない、

などが同時に起きていることがあります。

 

首座りと凝り固まっている(びくともしない)の違いは力を入れたり抜いたりができるかどうかです。

 

適正に座っている場合は必要な時だけ首を支える力が入り、不要な時は脱力します。

凝り固まっている場合は、ずっとかたまったままです。

 

そして、首肩の凝り固まりは本来の首座りをとてもとても邪魔してくれますので、

ない方がいいと個人的に思っています。

 

赤ちゃんも肩がこる、という前提で首肩まわりを触ってみるとめっちゃ凝ってた!というのもよくある話ですので、

気になる方は一度確認してみてもいいかもしれません。

軽いものなら手を当てて温めたり、なでてあげたりするだけでも変化が見込めます。

 

首座りは赤ちゃんが生まれてから最初の大きな身体的発達です。

この時の首の座り方を起点にその後の発達が組み上げられていきますので、とても重要です。

 

知人で60歳を超えてもまだ首が座っていない方がいるという話をするとみなさん衝撃を受けられるのですが、

そんな人、私自身も含めてそこら中にいっぱいいますし、そのせいで肩こりと一生付き合っている方も当然いっぱいいます。

 

めっちゃ大事です、きちんとした首座り。

 

一番簡単な予防、対処法は

抱っこするときに頭をしっかり支えることです。最低4か月は

支えるのは首や肩ではなく、「頭」です。

 

こちらも勘違いして、頭ではなく首を支える人や、首がしっかりしてきたからと4か月未満なのに頭を支えるのをやめてしまう方がいますが

しっかり4か月間、しっかり頭を支えてあげるのがとても大切です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2023/02/19

別口でメルマガやっています

今月2本目の記事になります。

毎度おなじみいつもの感じのブログ記事はこちらです。

 

立春も過ぎ、暖かい日もちらほら出てきましたが、

逆に気温差が激しすぎてまたまた体がびっくりしてしまいそうですね

 

早めにお風呂に入って布団で暖を取っているとすぐに眠くなります。

疲れているのかとも考えましたが、むしろ動物としては普通の反応なのかも、と思っているところです。

 

さて、今日は私のブログをお読みくださっていて、

もう少しつっこんだ内容も読みたい(かもしれない)と思ってくださっている方へのお知らせです。

 

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが

実は東京で地味に整体を教える仕事をやっています。

以前は団体に所属していましたが、いろいろあって結果的に相棒と二人で出奔しました。

 

以前ご縁をいただいた方からのありがたいリクエストがあり、

今はオテアテプロというユニットで少人数のセミナーやワークショップ、体験会的なものをやっています。

 

 

こちらでは定期的に無料のメールマガジンを配信していて、私も月1回コラム的なものを書いています。

すこやかママブログよりももう少しマニアックな視点や、

不特定多数が見るオープンな場ではちょっと・・・という話もありますので

もし興味がある方は登録してみてください。

 

お手当公式メルマガ

https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/index/191895

 

登録すると、以前のものもバックナンバーでお読みいただけます。

ときどき講座などのお知らせが入りますが、そのあたりは各々読むなりスルーするなりしていただければ幸いです。

 

以上、お知らせでした<(_ _)>

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2023/02/17

回復したい体を応援する

この1か月は、風邪っぴきっぽい人がとても多かったと思います。
特に子供が顕著に感じました。

 

 

お熱や咳は施術をすると楽になることを数多く体験していますが
お客様が私が「治している」と勘違いされてしまうことも多いので
そうではないということをたびたび説明するようにしています。

 

当院でやっているのはあくまで回復しやすく環境(条件)を整えるということです。
それは呼吸と睡眠です。
厳密に言えば他にも要因はあるのですが、まずはこの2つが非常に大切だということが分かると、

もう少しどっしり構えられるような気がします。

 

 

呼吸と睡眠、なんていうとなんだか難しそう~って感じるかもしれませんが
簡単に言えば
・ちゃんと眠れるか
・ちゃんと息ができるか
ってことです。

 

人は眠ることで体の疲れや不調を回復します。
きちんと眠れないと当然回復力は落ちます。

 

睡眠の質という言葉が一時流行りましたが、

時間は眠っても、結局ただ意識が落ちているだけ、みたいな方が思った以上に多いので
そういう方は当然回復力が十分発揮できずになかなかすっきり回復できなかったりします。

 

 

回復するためには体力が必要です。

 

エネルギーを作るには酸素が要ります。
酸素は呼吸によって体に取り込まれます。

 

だから、呼吸と睡眠が大事なのです。

 

それに、体験したことのある方は知っていると思いますが
呼吸が苦しいと寝ようとしても寝られないことが多いので
ダブルでなかなか回復しません。

呼吸が苦しい
寝たいのに寝られない
というような回復しにくい状態になっている方は

呼吸を楽にすること
きちんと眠ること

の条件を整えるとその後の回復力がぐっと上がります。

それを普段の施術でやると、大人もそうですが
特にちびっ子はもともとの回復力がスバラシイので

 

ぜえぜえしてたり目が死んでたりぐったりしてたりで来たのに
帰るときはウソみたいに元気に出ていく子が現れたりします。

 

 

それを見たママが
小林が治してくれた
勘違いしてしまうのですが

 

 

何度も言いますが
私がやっていることは
呼吸をしやすくすること
眠りやすくすること
であって

 

「治す」のは本人の体がやってくれています。

なので、小さい子供などもともと回復力のある子はすぐに元気になることもありますが
年齢を重ねた方だと、変わったとしても数日かかったり普通にあります。

 

同じくらいの年齢でもその場の反応は
すぐ元気になる子、あまり変わらない子、めちゃくちゃ眠くなる子、咳や鼻水が落ち着く子、咳や鼻水がむしろ出るようになる子・・・
と、土台の要因や今の回復レベルなどによって反応が全く違います。

 

私がなんでも治せるのだったら、そんなにいろんな反応になることなどなく
全員帰りは元気になっているはずなので

あくまで「治す」のは本人

 

 

施術は本人が治しやすいように条件を整えるお手伝いをしているだけで
決して魔法ではありません、あしからず。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2023/01/20

保湿とはなんぞや

通年言われることではありますが

冬の乾燥の季節にはとりわけ何かにつけ必要と言われる保湿・・・

 

でも、保湿ってなんなんでしょうね?

そもそも本当に保湿って必要なんでしょうか?

 

ここ数年特にそう感じています。

 

加湿器

化粧水

クリーム

リップクリーム

ハンドクリーム

かさかさ対策のお薬

 

 

などなど一般的に知られているものでもいろいろな保湿方法がありますが、

全部外側へのアプローチであることにお気づきでしょうか?

 

赤ちゃんの施術をしていると如実にわかるのですが

血流を確保してあげるとかさかさお肌がしっとりします。

ついでに湿疹とかぷつぷつとかも場合によってはキレイに消えたりします。

(もちろん個人差、程度の違いはあります)

 

 

ちょっと前に、薬を塗ってもよくならなという足がしもやけのお子様を診たのですが、

施術したらかさかさで赤くなっていた皮膚がしっとりしました。

 

施術するとき私は、湿疹だからとかしもやけだからとかの区別はせず、

かたくて動きにくいとか冷たいところをやわらかく動きやすくなるようにということを心がけています。

 

やわらかいということは、血が流れやすいということです。

 

 

なので皮膚のしっとり具合には血流の良さが欠かせないのだと

経験的に感じています。

 

いくらクリームや薬を皮膚(外)に塗っても

皮膚を構成している材料や酸素やエネルギー源を運ぶのは血液ですし、

いらなくなった毒や老廃物を回収して運んで行ってくれるのも血液なのです。

 

皮膚を作ったり、修復したりするのは皮膚の内側なので、

外側に何かをつけてもしっとりした気になっているだけだったり

瞬間的に水分を含んでしっとりしたように見せかけているだけだったりします。

 

 

このことに気づいたとき、非常に残念な気持ちになりました。

もともと医療従事者でしたので、保湿剤として有名なワセリンとは仲良しでした。

 

妊婦さんが皮膚のかゆみやかさかさ乾燥を医師に訴えればかゆみ止めや保湿クリーム、

保湿ローションが処方されるのも日常茶飯事でした。

 

 

病院にいると日に何度も手を洗ったり消毒するので、ハンドクリームともオトモダチでしたし、

しょっちゅう唇が荒れるのでメン〇レータムは手放せませんでした。

それで自分は必要な保湿をしていると考えていました。

 

 

そんな私ですが、自分の不妊症や妊娠糖尿病などを経て、看護学校や病院勤務では知ることのできないことを学んでから、

考え方を含めいろいろ変わりました。

 

まず、ワセリンの材料が石油であると知ったときの衝撃はかなりのものでした。

灯油が手につくとめちゃ手が荒れるのに、保湿できると信じて使っていた自分が嫌になりました。

 

それから、詳しい友人から化粧水はつけた時についた部分をむくませて張りだのもっちりだのを演出する瞬間芸のようなものと聞き、

またもや衝撃が。

 

ダメ押しで経皮毒(皮膚から吸収する毒)のことを偶然学び、

特にシャンプーで髪をパサつかせてからコンディショナーで整える自作自演(マッチポンプ)が存在することを知り、

いろいろ絶望したのも懐かしい思い出です。

 

今はというと、化粧水もクリームも使いませんし(月に1~2回化粧して人前に出ないといけないとき限定)、

リップクリームも必要ないですし、ワセリンは自宅から消えました。

でも、それで何か困るかというと、若い頃よりも全然肌の調子は良いのです。

 

 

あまりに肌がかさついて困ったときは友人が紹介してくれたマルチウォーター(要は水)を使うことがありますが、

その場しのぎの対症療法であることを理解しています。

あわよくばミネラル分を経皮吸収出来たらいいな、くらいは思っています(笑)

 

大抵の場合食べ過ぎとか睡眠不足とか物理的な血行不良が原因なので、そっちをなんとかすれば落ち着くことがほとんどです。

 

 

保湿が必要か?という冒頭の問いに対する回答は解釈によって複雑です。

 

かさかさ痒い皮膚がいいとは私も思っていません。しっとりお肌でいた方が快適でしょう。

ただ、保湿と聞いて普通の人が思い浮かべる方法が果たして適切なのか、効果的なのか、

 

そもそもそれって本当に保湿なのか?

 

というと、・・・です。

 

 

もっと言うと、保湿に使っている品物に何が入っているのかも重要です。

なんだかわからないカタカナがたくさん書いてあるときは注意が必要です。

 

特に小さいお子さんに使う時は注意してください。

皮膚って意外と吸収します。

少なくとも、手でもなんでも口に入れるような時期に、大人が自分で舐めたくないと思うようなものを肌に塗るのはいかがなものかと。

 

ベビーパウダー(今はないか💦)やベビーローションなど、やたらと必要性を煽って使うように仕向けられていますが、

本来子供の肌などそれこそ大人よりもしっとりすべすべで張りも弾力もあるものです。

 

 

そうでないなら、そうでない理由がちゃんとあるということなので

「保湿」して臭いものに蓋をするのではなく、きちんと原因に向き合うことが

乾燥とうまくお付き合いするコツなのでは?と思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すこやかママのいえ
http://sukoyakamamanoie.com/
住所:〒322-0602
栃木県栃木市西方町金井1607-3
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

栃木県のマタニティー向け整体院のブログはこちらからご覧いただけます

当院は、栃木県にて妊婦さんや産後ママさん、赤ちゃんの為に整体を行っております。妊娠期や授乳期、赤ちゃんへの施術は体への影響などでお断りのお店も多い中、当院では安心して受けられる施術を提供しております。
「すこやかママのいえ」は、ありがたい事に評判も高くマタニティーや育児の雑誌への掲載もされております。その為、全国からご利用されるお客様も多くいらっしゃいます。このブログでは、雑誌掲載のお知らせや更新履歴、そして助産師の日常についてご紹介させて頂きます。
また、お得なキャンペーンのお知らせもこちらのブログにて告知させて頂きますので、是非栃木県の当院をご来店の際にはチェックしてみて下さい。他に、分からない事や不安な事がございましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る
Copyright(C) すこやかママのいえ All Rights Reserved.